目頭切開、目尻形成、目袋形成で理想の目もとに!形成外科専門医・美容外科専門医の院長が行う目もとの治療。特に目頭切開は傷跡を目立たなく手術。神奈川県藤沢市の安心と信頼の個人美容外科・形成外科・美容皮膚科|ヒルズ美容クリニック

あなたのお悩みは何ですか?

Home ... 目頭切開
 

目頭切開

目頭切開

目の内側を広くして、大きな目に!
日本人は目の内側に「蒙古ひだ」があり、欧米人のような内側にきりこんだような目にならず、目頭がはっきりしない方もおられます。そのために目と目の間隔が広い印象を与えたり、目自体に小さな印象を与えます。もちろん鼻の高さも関係しています。ヒルズ美容クリニックではこの蒙古ひだを「目頭切開」で修正し、目頭を形成します。

【目頭切開(内田法)】

小さな切開で、綺麗な目頭を形成!

■適応

目を内側から大きく見せたい場合や、目と目の間隔が広い場合に適応があります。

■方法

目頭切開イラスト

局所麻酔で行います。
ヒルズ美容クリニックではわずかな切開で目頭を形成する内田法を行っています。

この手技により目の内側を広げることで大きく見せることができます。抜糸は5〜7日目でおこないます。

■症例写真

目頭切開症例

奥二重+蒙古ひだの症例
この患者様は、目の内側に蒙古ひだがあるために目の横幅が狭く、奥二重のために目の縦幅が狭くなって全体的な印象で目力が乏しくなっていました。
一般的に平行型の二重まぶたをつくると、目が大きくなって少し印象が変わるのですが、この症例のように蒙古ひだがあると平行型の二重がつくりにくく、つくったとしても、縦(上下方向に)に大きな目になるだけでバランスがよくありません。そこで蒙古ひだに対して目頭切開を加えることで、同時に横に大きな目にもなりバランスが非常によくなります。

目頭切開のデザインは色々とありますが、ヒルズ美容クリニックでは内田法をもちいて幾何学的なデザインにて目頭を形成します。切開するところが多いのですが実際はミリ単位の施術です。
実際の症例をみて検証していきましょう。

二重と目頭の検証

二重を形成したことで瞼縁(まつ毛)と眉毛の間が狭くなり、目が縦に大きくなり目が開きやすくなりました。さらに目頭を切開したことで、蒙古ひだが解消。目が内側に引っ張られて横方向にも大きくなっています。また、目頭も内側に引っ張られているため、蒙古ひだの下に隠れていた涙丘が見えるようになりました。立体感がでてバランスも良くなっています。

目頭検証

施術前 施術後

BEFORE

AFTER

■最新情報

ブログ 目もとの印象をかえる〜目頭切開+埋没式重瞼術→ 目頭切開@

価格(税込み)

目頭切開(内田法)・・・¥270,000(両側)

目尻(めじり)形成

目の外側を広くして、大きな目に!

■適応

いわゆる“たれ目”で、黒目を大きく見せたい場合に良い適応です。

■方法

局所麻酔で行います。
目尻切開法により、目の外側を広げることで“たれ目”を修正し、黒目を大きく見せることができます。
表面を透明の糸で縫合し、抜糸は5〜7日目でおこないます。

  • 傷跡は細かく縫いますので目立ちません。

■価格(税込み)

目尻切開・・・¥270,000(両側)

目袋(めぶくろ)形成

目の下にヒアルロン酸を注入し、可愛い目もとを形成!

■適応

目の下がへこみ、暗い印象を与えてしまうような場合に良い適応です。

■効果

注入してすぐに効果があらわれます。

  • 患者様の希望を優先するために、患者様に鏡を見てもらい注入しますので安心です。
  • あくまでヒアルロン酸の効果の持続は個人差によりますのでご了承下さい。

ヒアルロン酸については「ヒアルロン酸注入のメニュー」を参照してみて下さい