ページ
先頭へ

美容外科を受診する前に知っておいてほしいこと

丸山院長より、美容外科を受診するすべての患者様に向けて、
知っていただきたいことをQ&A形式にまとめました。ぜひご一読ください。

Q. 美容外科と形成外科は何が違うのですか?

A形成外科とは「やけど」、「傷跡」、「口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)などの先天異常」、「癌で切除した部位の再建」などを行う学問です。一方で美容外科とは「二重まぶた」、「鼻の整形」、「若返り手術」などを行う学問です。2つの学問は綺麗にすることを目的としていて、全く別の学問ではなく形成外科という学問の中に美容外科は含まれています。

美容外科と形成外科の違いイラスト

Q. 日本では美容外科専門医には簡単になれるのですか?

Aアメリカでは形成外科医の人気は非常に高く、その中でも美容外科医のハードルはさらに高く設定されていて、形成外科医を長く修練しないと美容外科専門医にはなることはできません。日本のように医師免許があれば誰でも美容外科医になれるわけではありません。日本では「形成外科」と「美容外科」は別の学問のような風潮があり、形成外科を修練しなくても美容外科医にはなることができます。つまり自己申告なのです。
あまり知られていませんが、日本には美容外科学会は2団体が存在し、形成外科専門医を中心とした美容外科学会(JSAPS)(http://www.jsaps.com/)と、医師免許を持っていれば入会できる美容外科医を中心とした美容外科学会(JSAS)(http://www.jsas.or.jp)が存在します。また両学会には専門医制度がありますが、JSAPSでは形成外科専門医を取得し長期間の修練をした後、厳しい審査を通過し美容外科専門医として認定されます。日本の形成外科専門医の中に10%しか美容外科専門医に認定されておらず、アメリカのシステムに近いと言われています。私はJSAPSの美容外科専門医として責任を持って美容外科治療を行っています。

美容外科学会(JSAPS)のホームページ

美容外科学会(JSAPS)のホームページ

Q. 美容外科では保険診療は可能ですか?

A日本では混合診療が禁止されているため、原則的に美容目的の施術に保険はききません。
例えば以下のような場合は保険の適応になるのでしょうか?

「先生、目の開きが悪いのですが…」

このような場合に専門医は患者様の訴えである“目の開きが悪い原因”を探ります。ここで2つの原因が考えられます。

  • ① 加齢により上まぶたの皮膚が余ることで、目が開きづらい。
  • ② 上まぶたをあげる筋肉の働きが悪くなり、目が開きづらい。

2つの原因を精査し下記のように診断します。

①は自然な老化によるもので、上まぶたの皮膚のたるみを取り除くことで改善するので、美容目的の施術となり保険は適応されません。
②は筋肉の働きが悪くなっているので、その働きを改善させれば症状が改善されることが期待出来るため保険適応になります。

つまり、治療の目的が整容的(見た目)な改善なのか、それとも機能の回復なのかで自費診療か保険診療に分けられるのです。

Q. 各美容クリニックで施術費用が違うのは何故ですか?

A美容医療は自費診療ですので、各クリニックに所属する医師に高い技術があるか、また専門医の資格があるかによって、施術にかかる費用が異なります。もちろん安くていいところもあれば、高くて悪いところもあります。明確な料金記載がされていることが目安になります。ホームページや折り込みチラシに書かれた費用と、実際にクリニックを受診してみると見積もり額に大きな開きがある場合は注意が必要です。そのような場合はすぐに治療を決めずに一度持ち帰りましょう。

Q. クリニック選びのポイントは?

Aインターネットなどこれだけ情報が溢れている世の中では「どのクリニックを選ぶか?」はとても難しい問題です。
先生やスタッフ、クリニックの雰囲気も選択する上で重要な情報だと思います。ここでは重要なポイントをあげておきます。

  • お問い合わせの時の電話応対がしっかりしているか?
  • カウンセラーではなく、医師が直接カウンセリング・診察をしているか?
  • 説明する医師と施術する医師、アフターケアを行う医師が別々ではないか?
  • 医師が自分の行った症例を見せてしっかり説明をしているか?
  • アフターケアがしっかりしているか?
  • 形成外科、美容外科、レーザーあるいは皮膚科の専門医を取得しているか?
  • 特に、手術をカウンセリング当日に行っていないか?

Q. カウンセリングだけでも大丈夫?

A大事なお身体ですので、慎重になるのは当然です。医師の説明を聞いて納得しなければ治療する必要はありません。別の医師の意見を聞く“セカンドオピニオン”を希望するとなお良いでしょう。また医師が直接説明せずにカウンセラーに任せ、説明が短く質問を受け付けないような雰囲気を出している場合は、慎重になったほうがよいでしょう。

Q. 海外で美容治療を行う場合のリスクは?

A海外の美容医療について、特に韓国では日本に比べ価格が安く、ツアーを組んで施術に行かれる患者様も増えています。しかしアフターケアに関していえば、美容外科施術後に何らかのトラブルがあった場合に、言葉の壁があり意思疎通が明確に取れないことや、すぐに診せることができないなど、非常にリスクを伴います。そのため、患者様が不利な状況になり泣き寝入りせざるを得ないなどの可能性もあります。大切なお身体ですので、金額にとらわれずにこのようなリスクをよく考えてから治療を受けられることを願います。

Q. 二重まぶた…眼科と美容外科ではどっちが専門なの?

A眼科と形成外科では、目の領域の治療は重なる部分は多くあります。違いは眼科では眼球の治療が主体であり、白内障や緑内障、角膜や網膜などを治療します。また「逆さまつげ」や「ものもらい」など目の周りの組織を治療する場合もあります。一方で形成外科は目のまわりの組織、特に眼瞼(がんけん)と呼ばれる上下の「まぶた」の組織を主体に治療します。二重まぶたはもちろん、目の上、下のたるみ、眼瞼下垂の手術などを行います。ということで二重まぶたの治療は、治療後の整容的(見た目)形態が大切ですので美容外科医に任せるほうがよいでしょう。

Q. エステの脱毛とクリニックでの脱毛の違いは?

Aこれは非常に難しい問題です。昔はレーザー治療がなく、針脱毛が中心でした。針は人に刺す行為ですから、医師や鍼灸師など資格を有するものしかできない医療行為でした。しかし最近ではレーザー治療器が進歩し、安全で早く痛みの少ないレーザー脱毛が主流になりました。しかし、これらのレーザーが医療機関だけでなく、エステ業界にも販売されています。もちろん医療機関に導入されている器機より効果はかなり落ちますが、問題は医師の指示のないまま無資格のスタッフがレーザーを照射している施設があることです。基本的にレーザーは熱や光が出ますので、どのレーザーも非常に危険であり、使用方法を間違えるとやけどや色素沈着を引き起こし、大きなトラブルに発展する可能性があります。その場合、エステでは対処しきれません。しかし、脱毛を受ける側は医療機関ではないことを理解した上で行っているため、何らかのトラブルに巻き込まれても自己責任となってしまいます。やはり脱毛は医療行為ですので医療機関でお受けになることをおすすめします。

ヒルズ美容クリニック 院長 丸山成一