ページ
先頭へ

症例写真

二重まぶた(埋没法)

施術前 施術後

Before

After (施術後1週間)

治療内容

【挙筋法】完全な一重まぶたを末広型の二重まぶたに

術前は完全な一重まぶたです。左右共に黒目の内側端からラインがでるようにシミュレーションしました。挙筋法により綺麗な末広型の二重まぶたになりました。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

◆リスク・副作用・合併症
内出血、腫脹、左右差、糸がゆるむ、糸が外れる、浅い重瞼線、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、目の開きが悪い、医原性眼瞼下垂、眼瞼痙攣、 抑うつ・不眠など、自立神経症状、頭痛、角膜炎、ドライアイ、瘢痕形成(糸を通す部分に数㎜の白い傷跡が残る可能性がある)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

Before

After (施術後1カ月)

治療内容

【挙筋法】左右差のある目でラインを整え平行型の二重まぶたに

右は完全な一重まぶたで、左は黒目の中心からラインがでていて、左右非対称でした。目頭の角度がかなり鋭角であり平行型をシミュレーションしました。挙筋法により左右対称で、綺麗な平行型の二重まぶたになりました。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

◆リスク・副作用・合併症
内出血、腫脹、左右差、糸がゆるむ、糸が外れる、浅い重瞼線、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、目の開きが悪い、医原性眼瞼下垂、眼瞼痙攣、 抑うつ・不眠など、自立神経症状、頭痛、角膜炎、ドライアイ、瘢痕形成(糸を通す部分に数㎜の白い傷跡が残る可能性がある)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

Before

After (施術後2週間)

治療内容

【挙筋法】左右差のある目でラインを整え平行型の二重まぶたに

右は完全な一重まぶたで、左は目頭から黒目の中心からラインがでていて、左右非対称でした。目頭の角度がかなり鋭角であり平行型をシミュレーションしました。挙筋法により左右対称で、綺麗な平行型の二重まぶたになりました。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

◆リスク・副作用・合併症
内出血、腫脹、左右差、糸がゆるむ、糸が外れる、浅い重瞼線、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、目の開きが悪い、医原性眼瞼下垂、眼瞼痙攣、 抑うつ・不眠など、自立神経症状、頭痛、角膜炎、ドライアイ、瘢痕形成(糸を通す部分に数㎜の白い傷跡が残る可能性がある)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

Before

After (施術後9日後)

治療内容

【挙筋法】左右差のある目でラインを整え平行型の二重まぶたに
~軽い眼瞼下垂もあり~

右は黒目の内側端からラインがでていて、左は奥二重で左右非対称でした。夕方になるとアゴをあげて見るようになり、“軽い眼瞼下垂”の症状を認めました。また目頭の角度は大きいために末広がり型をシミュレーションしました。挙筋法により左右対称で、綺麗な末広型の二重まぶたになりました。上まぶたの皮膚が折り畳まれ、瞼縁と眉毛の間も近くなり、眼瞼下垂の症状も改善しました。
※本人は切開することに抵抗があり、今回は埋没法(挙筋法)を選択しましたが、今後眼瞼下垂の症状が再発するようなら挙筋腱膜前転術(切開による)も必要になるかもしれません。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

◆リスク・副作用・合併症
内出血、腫脹、左右差、糸がゆるむ、糸が外れる、浅い重瞼線、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、目の開きが悪い、医原性眼瞼下垂、眼瞼痙攣、 抑うつ・不眠など、自立神経症状、頭痛、角膜炎、ドライアイ、瘢痕形成(糸を通す部分に数㎜の白い傷跡が残る可能性がある)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

Before

After (施術後4日)

治療内容

【挙筋法】アイプチでまぶたの皮膚が分厚く、硬くなった状態を改善

長期間アイプチを行っていたことで、目の上の皮膚が分厚くなり、瞼縁が瞳孔にかかり少し眼瞼下垂があるようにみえます。このような症例ではラインを高く設定すると、分厚い皮膚が折り畳みにくくなるため、幅の狭い平行型をシミュレーションします。挙筋法により綺麗な幅の狭い平行型の二重まぶたになりました。上まぶたの皮膚が折り畳まれ、瞼縁と眉毛の間も近くなり、眼瞼下垂の症状も改善しました。
※アイプチをしなくなれば、慢性的な炎症は改善され、皮膚は再び薄くなっていきます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

◆リスク・副作用・合併症
内出血、腫脹、左右差、糸がゆるむ、糸が外れる、浅い重瞼線、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、目の開きが悪い、医原性眼瞼下垂、眼瞼痙攣、 抑うつ・不眠など、自立神経症状、頭痛、角膜炎、ドライアイ、瘢痕形成(糸を通す部分に数㎜の白い傷跡が残る可能性がある)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

Before

After (施術後1年10カ月)

治療内容

【挙筋法(埋没法)+目頭切開】

蒙古ヒダと奥二重を認めます。平行型の希望がありましたが、蒙古ヒダにより目頭の立ち上がり角度が大きく、目頭切開と挙筋法を行いました。目頭切開と挙筋法により蒙古ヒダが改善され、角度がより鋭角になり、綺麗な平行型の二重まぶたになりました。
目をもっと大きく見せるには>>>目頭切開

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

◆リスク・副作用・合併症
【挙筋法】
内出血、腫脹、左右差、糸がゆるむ、糸が外れる、浅い重瞼線、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、目の開きが悪い、医原性眼瞼下垂、眼瞼痙攣、抑うつ・不眠など、自立神経症状、頭痛、角膜炎、ドライアイ、瘢痕形成(糸を通す部分に数㎜の白い傷跡が残る可能性がある)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。
【目頭切開;Z形成術・W形成術(内田法)・その他・修正】
内出血、腫脹、左右差、後戻り、目が寄る、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、時間経過による形態変化、下眼瞼に予定外線ができる可能性がある、中縫いの糸が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。なお目頭の修正により修正前より目立つ可能性はあります。

Before

After (施術後9カ月半)

治療内容

【挙筋法】完全な一重まぶたを二重まぶたに

一重まぶたを二重まぶたにしたことで柔らかい印象の目元になりました。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

◆リスク・副作用・合併症
内出血、腫脹、左右差、糸がゆるむ、糸が外れる、浅い重瞼線、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、目の開きが悪い、医原性眼瞼下垂、眼瞼痙攣、 抑うつ・不眠など、自立神経症状、頭痛、角膜炎、ドライアイ、瘢痕形成(糸を通す部分に数㎜の白い傷跡が残る可能性がある)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

~ この症例の経過 ~

Before

約2週間後

9カ月半後

約2週間後ではまだラインにやや幅がありますが、徐々に落ち着いていきます。

Before

After (施術後6カ月半)

治療内容

【挙筋法】完全な一重まぶたを二重まぶたに

一重まぶたを挙筋法により二重まぶたに。6カ月半の経過ですがラインも落ち着いています。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

◆リスク・副作用・合併症
内出血、腫脹、左右差、糸がゆるむ、糸が外れる、浅い重瞼線、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、目の開きが悪い、医原性眼瞼下垂、眼瞼痙攣、 抑うつ・不眠など、自立神経症状、頭痛、角膜炎、ドライアイ、瘢痕形成(糸を通す部分に数㎜の白い傷跡が残る可能性がある)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

~ この症例の経過 ~

施術直後

約2週間後

6カ月半後

施術直後(閉眼)

約2週間後(閉眼)

6カ月半後(閉眼)

左は施術直後の状態です。直後は腫れもありラインが幅広に感じられますが、
経過とともに徐々にラインが落ち着いていくので心配ありません。

Before

After (施術後2カ月)

治療内容

【挙筋法】完全な一重まぶたを二重まぶたに

一重まぶたを挙筋法により二重まぶたに。2カ月の経過ですがラインも落ち着いています。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

◆リスク・副作用・合併症
内出血、腫脹、左右差、糸がゆるむ、糸が外れる、浅い重瞼線、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、目の開きが悪い、医原性眼瞼下垂、眼瞼痙攣、 抑うつ・不眠など、自立神経症状、頭痛、角膜炎、ドライアイ、瘢痕形成(糸を通す部分に数㎜の白い傷跡が残る可能性がある)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

~ この症例の経過 ~

施術直後

約2週間後

2カ月後

施術直後(閉眼)

約2週間後(閉眼)

2カ月後(閉眼)

左は施術直後の状態です。直後は目の左右差により幅の違いがみとめられ赤み、腫れがあります。
約2週間ではまだ腫れがあるように見えますが赤みは治まり、2カ月ではほぼラインも腫れも落ち着きました。

Before

After (約2週間後)

治療内容

【挙筋法】完全な一重まぶたを二重まぶたに

一重まぶたを挙筋法により二重まぶたに。約2週間後の経過ですが、腫れや赤みも目立っていません。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

◆リスク・副作用・合併症
内出血、腫脹、左右差、糸がゆるむ、糸が外れる、浅い重瞼線、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、目の開きが悪い、医原性眼瞼下垂、眼瞼痙攣、 抑うつ・不眠など、自立神経症状、頭痛、角膜炎、ドライアイ、瘢痕形成(糸を通す部分に数㎜の白い傷跡が残る可能性がある)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

~ この症例の経過 ~

Before

施術直後

約2週間後

Before(閉眼)

施術直後(閉眼)

約2週間後(閉眼)

施術前の状態から、施術直後、約2週間後の経過です。施術直後はやはり腫れがあります。
腫れ具合には個人差がありますが、この症例は2週間で落ち着いています。

Before

After (1カ月半後)

治療内容

【挙筋法】ぼやけた二重まぶたをハッキリした二重まぶたのラインに

元々の二重まぶたラインがぼやけていたのが、挙筋法によりハッキリとしたラインになりました。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

◆リスク・副作用・合併症
内出血、腫脹、左右差、糸がゆるむ、糸が外れる、浅い重瞼線、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、目の開きが悪い、医原性眼瞼下垂、眼瞼痙攣、 抑うつ・不眠など、自立神経症状、頭痛、角膜炎、ドライアイ、瘢痕形成(糸を通す部分に数㎜の白い傷跡が残る可能性がある)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

~ この症例の経過 ~

Before

施術直後

1カ月半後

Before(閉眼)

施術直後(閉眼)

1カ月半後(閉眼)

施術前の状態から、施術直後、1カ月半後の経過です。施術直後はやはり腫れがあります。
1カ月半の経過ですが、腫れも治まりラインも落ち着いています。

Before

After (2カ月後)

治療内容

【挙筋法】一重まぶたを挙筋法により二重まぶたに

二重まぶた埋没法(挙筋法)をおこない、綺麗な二重まぶたになりました。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

◆リスク・副作用・合併症
内出血、腫脹、左右差、糸がゆるむ、糸が外れる、浅い重瞼線、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、目の開きが悪い、医原性眼瞼下垂、眼瞼痙攣、 抑うつ・不眠など、自立神経症状、頭痛、角膜炎、ドライアイ、瘢痕形成(糸を通す部分に数㎜の白い傷跡が残る可能性がある)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

~ この症例の経過 ~

施術直後

約2週間後

2カ月後

施術直後(閉眼)

約2週間後(閉眼)

2カ月後(閉眼)

左は施術直後ですが、腫れもありラインが幅広になっています。約2週間後の経過ですが直後よりはラインが下がっているのがみとめられます。2カ月後ではほぼ落ち着いた高さになりました。