ページ
先頭へ

症例写真一覧:二重まぶた(全切開・黒目拡大)

施術名全切開による重瞼術

施術前 術後5カ月

Before

5カ月後

~ この症例の経過 ~

施術前 術後5カ月

Befor

5カ月後

施術前閉瞼 術後5カ月閉瞼

Before (閉瞼)

5カ月後 (閉瞼)

施術前 1カ月後 術後5カ月

Before

1カ月後

5カ月後

施術前閉瞼 1カ月後閉瞼 5カ月後閉瞼

Before (閉瞼)

1カ月後 (閉瞼)

5カ月後 (閉瞼)

院長の症例解説

術前解説

重瞼ラインが明瞭ではなく、少し眠そうな印象がありました(眼瞼下垂はなし)。

手術解説

局所麻酔下にて全切開による重瞼術を行いました。
両眼瞼ともに瞼縁から重瞼ラインは7mmで切開、幅2.5mmの皮膚を切除しました。眼輪筋は切除していません。眼窩隔膜をhingeして睫毛側皮下(眼輪筋)に数カ所固定し、重瞼ラインの引き込みを作成しました。

術後解説

術後1カ月の開瞼では、重瞼ラインは高く腫れていますが瞼縁のアーチは綺麗です。閉瞼では、傷はまだ赤く少し肥厚しています。
術後5カ月の開瞼では、カラーコンタクトは入っていますが、重瞼ラインの高さが下がり目頭から目尻まで明瞭になりました。また瞼縁のアーチはとても綺麗です。閉瞼では、凹みもなく傷も綺麗です。全体的に眠そうな印象はなくなりました。

◆リスク・副作用・合併症

二重まぶた全切開法

内出血、腫脹、左右差、浅い重瞼線、固定糸が外れラインが薄くなる、深い重瞼線、 不整な重瞼線(予定外重瞼線)、不整な瞼縁(アーチ)、開瞼抵抗、 目の開きが悪い、目が開きすぎる、角膜炎、ドライアイ、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、 中縫いの糸が出てくることがある、縫合糸膿瘍、 眼瞼痙攣、抑うつ・不眠など自立神経症状、頭痛、目の奥の痛み、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名全切開による重瞼術(挙筋腱膜固定術;黒目拡大)

施術前 術後2カ月

Before

After (6カ月後)

~ この症例の経過 ~

施術前 術後2カ月

Before

6カ月後

施術前閉瞼 2カ月後閉瞼

Before (閉瞼)

6カ月後 (閉瞼)

施術前 2カ月後 6カ月後

Before

2カ月後

6カ月後

施術前閉瞼 2カ月後閉瞼 6カ月後閉瞼

Before (閉瞼)

2カ月後 (閉瞼)

6カ月後 (閉瞼)

◆リスク・副作用・合併症

二重まぶた挙筋腱膜固定術:黒目拡大

内出血、腫脹、左右差、後戻り、浅い重瞼線、固定糸が外れラインが薄くなる、深い重瞼線、 不整な重瞼線(予定外重瞼線)、不整な瞼縁(アーチ)、開瞼抵抗、低矯正(目の開きが悪い)、過矯正(目が開きすぎる)、角膜炎、ドライアイ、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が残る可能性がある)、中縫いの糸が出てくることがある、縫合糸膿瘍、眼瞼痙攣、 抑うつ・不眠など自立神経症状、頭痛、目の奥の痛み、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名全切開による重瞼術+ROOF除去+他院修正(埋没法を2回施術すみ)

施術前 術後1年1カ月半

Before

1年1カ月半後:再修正後5カ月半

~ この症例の経過 ~

施術前 術後1年1カ月半

Before

1年1カ月半後:再修正後5カ月半

施術後 術後4カ月

Before (閉瞼)

1年1カ月半後:再修正後5カ月半(閉瞼)

施術前 術後8カ月 1年1カ月半後:再修正から5カ月半後

Before

8カ月後

1年1カ月半後:再修正後5カ月半

施術前 術後8カ月閉瞼 1年1カ月半後:再修正から5カ月半閉瞼

Before(閉瞼)

8カ月後(閉瞼)

1年1カ月半後:再修正後5カ月半
(閉瞼)

院長の症例解説

症例解説

重瞼ラインの幅は狭く、瞼縁と眉毛との距離も狭い状態です。また眉毛外側の張り出しを認めます。なお過去に他院で2回埋没法による重瞼術を行ったが重瞼ラインが安定しなかったとのことです。

手術解説

局所麻酔下にて全切開による重瞼術とROOF除去を行いました。
両眼瞼ともに瞼縁から重瞼ラインは6mmで切開、幅2mmの皮膚を切除しました。眼輪筋は切除していません。ROOF(眼窩前脂肪)を除去したあと、挙筋腱膜を同定し瞼板に再固定しました。腱膜の断端を睫毛側皮下(眼輪筋)に数カ所固定し、重瞼ラインの引き込みを作成しました。

術後解説

術後経過は開瞼、閉瞼ともに良好でしたが、術後6カ月で左瞼縁のアーチが不整(三角目)にたっていたこと、また左右の重瞼ラインの幅が狭いことから術後8カ月で修正しました。修正は同じ切開線からアプローチし両側の外角を外したあと、挙筋腱膜を再固定し、その断端を睫毛側真皮に強固に固定しました。再修正から5カ月半経過しましたが、開瞼では重瞼ラインは左右ともに安定し、両瞼縁のアーチは綺麗です。閉瞼では、傷はほとんど目立たなくなりました。

◆リスク・副作用・合併症

ROOF除去術+全切開による重瞼術

内出血、腫脹、左右差、脂肪を除去した部分の陥凹、浅い重瞼線、固定糸が外れラインが薄くなる、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、不整な瞼縁(アーチ)、開瞼抵抗、低矯正(目の開きが悪い)、過矯正(目が開きすぎる)、角膜炎、ドライアイ、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、中縫いの糸が出てくることがある、縫合糸膿瘍、眼瞼痙攣、抑うつ・不眠など自立神経症状、頭痛、目の奥の痛み、 自分が想像していた結果が異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名全切開による重瞼術(挙筋腱膜固定術;黒目拡大)
+他院修正(埋没法を1回施術すみ)

施術前 術後5カ月

Before

After(5カ月後)

~ この症例の経過 ~

施術前 術後5カ月

Befor

5カ月後

施術前閉瞼 術後5カ月閉瞼

Before (閉瞼)

5カ月後 (閉瞼)

施術前 1カ月後 術後5カ月

Before

2カ月半後

5カ月後

施術前閉瞼 1カ月後閉瞼 5カ月後閉瞼

Before (閉瞼)

2カ月半後 (閉瞼)

5カ月後 (閉瞼)

院長の症例解説

術前解説

重瞼ラインに左右差があり、左右ともに重瞼ラインの下に別の重瞼ラインを認めます。また過去に行った埋没法後に開瞼しにくい状態となったとのこと(医原性眼瞼下垂が生じたと思われます)です。瞼裂高が左右ともに約8mm、MRD(隔膜反射)が1.5mmとやはり軽度下垂です。

手術解説

局所麻酔下にて全切開による重瞼術(挙筋腱膜固定術;黒目拡大術)を行いました。
両眼瞼ともに瞼縁から重瞼ラインは約7mmで切開しました。皮膚、眼輪筋ともに切除していません。挙筋腱膜を同定し瞼板に再固定しました。腱膜の断端を睫毛側皮下(眼輪筋)に数カ所固定し、重瞼ラインの引き込みを作成しました。

術後解説

術後2カ月半の開瞼では、左右ともに重瞼ラインは高く腫れていますが瞼縁のアーチは綺麗です。閉瞼では、傷は少し赤い状態です。
術後5カ月の開瞼では、若干の左右差はあるものの、重瞼ラインの高さが下がり術前に認めた別の重瞼線も消失しました。開瞼も十分であり下垂は改善され、瞼縁のアーチはとても綺麗です。閉瞼では傷も綺麗です。

◆リスク・副作用・合併症

二重まぶた挙筋腱膜固定術:黒目拡大

内出血、腫脹、左右差、後戻り、浅い重瞼線、固定糸が外れラインが薄くなる、深い重瞼線、 不整な重瞼線(予定外重瞼線)、不整な瞼縁(アーチ)、開瞼抵抗、低矯正(目の開きが悪い)、過矯正(目が開きすぎる)、角膜炎、ドライアイ、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が残る可能性がある)、中縫いの糸が出てくることがある、縫合糸膿瘍、眼瞼痙攣、 抑うつ・不眠など自立神経症状、頭痛、目の奥の痛み、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名全切開による重瞼術(眼瞼下垂手術)+ROOF除去+眼窩脂肪除去

施術前 術後4カ月

Before

After(4カ月後)

~ この症例の経過 ~

施術前 術後4カ月

Before

4カ月後

施術後 術後4カ月閉瞼

Before (閉瞼)

4カ月後 (閉瞼)

施術前 術後1カ月 術後4カ月

Before

1カ月後

4カ月後

施術前 術後1カ月閉瞼 術後4カ月閉瞼

Before(閉瞼)

1カ月後(閉瞼)

4カ月後(閉瞼)

院長の症例解説

術前解説

完全な一重瞼で目の上が全体的に腫れぼったく、ご本人は目つきが悪いことを気されていました。瞼縁から眉毛までの距離も長い状態で、開瞼時には眉毛が挙上しています。瞼裂高が左右共に約6mm、MRD(隔膜反射)が1mmと軽度下垂(挙筋機能はやや保たれており皮膚の厚さ、上眼瞼の脂肪が主な原因と考えます)です。

手術解説

局所麻酔下にて眼瞼下垂手術とROOFと眼窩脂肪除去を行いました。
両眼瞼ともに瞼縁から重瞼ラインは約7 mmで切開、幅4mmの皮膚を切除しました。眼輪筋は切除していません。ROOFと眼窩脂肪を除去し、挙筋腱膜を同定し左右とも外角を外しました。挙筋腱膜を前転し瞼板に再固定しました。腱膜の断端を睫毛側皮下(眼輪筋)に数カ所固定し、重瞼ラインの引き込みを作成しました。

術後解説

術後1カ月の開瞼では、左右ともに重瞼ラインは高く腫れていますが、開瞼は良好で瞼縁のアーチは綺麗です。重瞼ラインの左右差を認めます。閉瞼では、傷は少し赤く盛り上がっています。
術後4カ月の開瞼では、カラーコンタクトは入っていますが、瞳孔にかかっていた瞼縁は上がり、黒目がよく見えるようになり下垂が改善されています。また瞼縁から眉毛までの距離が短くなりスッキリしました。重瞼ラインは右が末広がり、左はやや平行ですが、瞼縁のアーチがとても綺麗なため目立ちません。閉瞼では傷は綺麗で目立ちません。

◆リスク・副作用・合併症

眼窩脂肪+ROOF除去術+全切開による重瞼術

内出血、腫脹、左右差、脂肪を除去した部分の陥凹、浅い重瞼線、固定糸が外れラインが薄くなる、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、不整な瞼縁(アーチ)、開瞼抵抗、低矯正(目の開きが悪い)、過矯正(目が開きすぎる)、角膜炎、ドライアイ、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が残る可能性がある)、中縫いの糸が出てくることがある、縫合糸膿瘍、眼瞼痙攣、抑うつ・不眠など自立神経症状、頭痛、目の奥の痛み、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名全切開による重瞼術(挙筋腱膜固定術;黒目拡大)
+自院修正(埋没法を2回施術すみ)

施術前 術後5カ月

Before

After(6カ月半後)

~ この症例の経過 ~

施術前 術後5カ月

Befor

6カ月半後

施術前閉瞼 術後5カ月閉瞼

Before (閉瞼)

6カ月半後 (閉瞼)

施術前 1カ月半 術後6カ月半

Before

1カ月半後

6カ月半後

施術前閉瞼 1カ月後閉瞼 5カ月後閉瞼

Before (閉瞼)

1カ月半後 (閉瞼)

6カ月半後 (閉瞼)

院長の症例解説

術前解説

当院で2回、挙筋法による埋没法を行いました。初回の埋没法から1年8カ月経過しても、特に左目の重瞼ラインが安定しませんでした。また瞼裂高に左右差を認めます。

手術解説

局所麻酔下にて全切開による重瞼術(挙筋腱膜固定術;黒目拡大術)を行いました。
両眼瞼ともに瞼縁から重瞼ラインは7mmで切開、幅3mmの皮膚を切除しました。眼輪筋は切除していません。挙筋腱膜を同定し左右とも外角を外し瞼板に再固定しました。腱膜の断端を睫毛側皮下(眼輪筋)に数カ所固定し、重瞼ラインの引き込みを作成しました。

術後解説

術後1カ月半後の開瞼では、重瞼ラインは高く腫れています。閉瞼では、傷はまだ赤く少し肥厚しています。
術後6カ月半の開瞼では、重瞼ラインの高さが下がりほぼ左右等しくなり、瞼裂高の左右差も改善され瞼縁のアーチも綺麗です。閉瞼では、傷の赤みや凹みを認めません。

◆リスク・副作用・合併症

二重まぶた挙筋腱膜固定術:黒目拡大

内出血、腫脹、左右差、後戻り、浅い重瞼線、固定糸が外れラインが薄くなる、深い重瞼線、 不整な重瞼線(予定外重瞼線)、不整な瞼縁(アーチ)、開瞼抵抗、低矯正(目の開きが悪い)、過矯正(目が開きすぎる)、角膜炎、ドライアイ、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が残る可能性がある)、中縫いの糸が出てくることがある、縫合糸膿瘍、眼瞼痙攣、 抑うつ・不眠など自立神経症状、頭痛、目の奥の痛み、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名全切開による重瞼術+眼窩脂肪除去術

施術前 8カ月後

Before

8カ月後

施術前 2年3カ月後

Before

8カ月後 (閉瞼)

◆リスク・副作用・合併症

眼窩脂肪除去術+全切開による重瞼術

内出血、腫脹、左右差、脂肪を除去した部分の陥凹、浅い重瞼線、固定糸が外れラインが薄くなる、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、不整な瞼縁(アーチ)、開瞼抵抗、低矯正(目の開きが悪い)、過矯正(目が開きすぎる)、角膜炎、ドライアイ、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が残る可能性がある)、中縫いの糸が出てくることがある、縫合糸膿瘍、眼瞼痙攣、抑うつ・不眠など自立神経症状、頭痛、目の奥の痛み、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名全切開による重瞼術+ROOF除去+眼窩脂肪除去
+他院修正(埋没法を1回施術すみ)

施術前 10カ月半後

Before

10カ月半後

施術前 10カ月半後

Before

10カ月半後 (閉瞼)

院長の症例解説

術前解説

瞼が腫れぼったく重瞼ラインを押しつぶしているような印象です。重瞼ラインは右眼が平行、左眼が末広がりになっています。なお過去に他院で1回、埋没法による重瞼術を行ったが希望の幅にはならなかったとのことです。

手術解説

局所麻酔下にて全切開による重瞼術とROOF+眼窩脂肪除去を行いました。
両眼瞼ともに瞼縁から重瞼ラインは7mmで切開、幅3mmの皮膚を切除しました。眼輪筋は切除していません。ROOF(眼窩前脂肪)、眼窩脂肪を除去したあと、眼窩隔膜をhingeして睫毛側皮下(眼輪筋)に数カ所固定し、重瞼ラインの引き込みを作成しました。

術後解説

術後10カ月半の開瞼では、重瞼ラインの幅に若干の左右差はあるものの、左右ともに平行で腫れぼったい印象も改善されスッキリしています。また瞼縁のアーチはとても綺麗です。閉瞼では傷はほとんど目立ちません。

◆リスク・副作用・合併症

眼窩脂肪+ROOF除去術+全切開による重瞼術

内出血、腫脹、左右差、脂肪を除去した部分の陥凹、浅い重瞼線、固定糸が外れラインが薄くなる、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、不整な瞼縁(アーチ)、開瞼抵抗、低矯正(目の開きが悪い)、過矯正(目が開きすぎる)、角膜炎、ドライアイ、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が残る可能性がある)、中縫いの糸が出てくることがある、縫合糸膿瘍、眼瞼痙攣、抑うつ・不眠など自立神経症状、頭痛、目の奥の痛み、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名全切開による重瞼術+ROOF除去+眼窩脂肪除去
+自院修正(埋没法を2回施術すみ)

施術前 5カ月後

Before

5カ月後

施術前 5カ月後

Before

5カ月後 (閉瞼)

院長の症例解説

術前解説

もともと腫れぼったい瞼でしたが、最初から全切開による重瞼術に抵抗があり、当院で2回、挙筋法による埋没法を行いました。初回の埋没法から3年経過しても、重瞼ラインが安定しませんでした。

手術解説

局所麻酔下にて全切開による重瞼術を行いました。
両眼瞼ともに瞼縁から重瞼ラインは7mmで切開、幅3mmの皮膚を切除しました。眼輪筋は切除していません。ROOF(眼窩前脂肪)、眼窩脂肪を除去したあと、挙筋腱膜を同定し左右とも外角を外し瞼板に再固定しました。腱膜の断端を睫毛側皮下(眼輪筋)に数カ所固定し、重瞼ラインの引き込みを作成しました。

術後解説

術後5カ月の開瞼では、重瞼ラインは左右ともに末広がりで腫れぼったい印象も改善されスッキリしています。また瞼縁のアーチは綺麗です。閉瞼では傷はほとんど目立ちません。

◆リスク・副作用・合併症

眼窩脂肪+ROOF除去術+全切開による重瞼術

内出血、腫脹、左右差、脂肪を除去した部分の陥凹、浅い重瞼線、固定糸が外れラインが薄くなる、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、不整な瞼縁(アーチ)、開瞼抵抗、低矯正(目の開きが悪い)、過矯正(目が開きすぎる)、角膜炎、ドライアイ、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が残る可能性がある)、中縫いの糸が出てくることがある、縫合糸膿瘍、眼瞼痙攣、抑うつ・不眠など自立神経症状、頭痛、目の奥の痛み、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名全切開による重瞼術+ROOF除去+自院修正(埋没法、切開法を施術すみ)

施術前 2年6カ月後

Before

2年6カ月後

施術前 2年6カ月後

Before

2年6カ月後 (閉瞼)

◆リスク・副作用・合併症

ROOF除去術+全切開による重瞼術

内出血、腫脹、左右差、脂肪を除去した部分の陥凹、浅い重瞼線、固定糸が外れラインが薄くなる、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、不整な瞼縁(アーチ)、開瞼抵抗、低矯正(目の開きが悪い)、過矯正(目が開きすぎる)、角膜炎、ドライアイ、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、中縫いの糸が出てくることがある、縫合糸膿瘍、眼瞼痙攣、抑うつ・不眠など自立神経症状、頭痛、目の奥の痛み、 自分が想像していた結果が異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名全切開による重瞼術(他院修正)
+目頭切開(Z形成術);左目頭切開+眉下切開術

施術前 1年10カ月半後

Before

1年10カ月半後

施術前 1年10カ月半後

Before

1年10カ月半後 (閉瞼)

◆リスク・副作用・合併症

二重まぶた全切開法

内出血、腫脹、左右差、浅い重瞼線、固定糸が外れラインが薄くなる、深い重瞼線、 不整な重瞼線(予定外重瞼線)、不整な瞼縁(アーチ)、開瞼抵抗、 目の開きが悪い、目が開きすぎる、角膜炎、ドライアイ、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、 中縫いの糸が出てくることがある、縫合糸膿瘍、 眼瞼痙攣、抑うつ・不眠など自立神経症状、頭痛、目の奥の痛み、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

目頭切開術

内出血、腫脹、左右差、後戻り、目が寄る、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、 時間経過による形態変化、下眼瞼に予定外線ができる可能性がある、 中縫いの糸が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。 なお目頭の修正により修正前より目立つ可能性はあります。

眉下切開術

内出血、腫脹、左右差、不整な重瞼線、不整な瞼縁(アーチ)、低矯正(目の開きが悪い)、過矯正(目が開きすぎる)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が残る可能性がある)、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、毛根の損傷、眉毛の脱毛、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名全切開による重瞼術+ROOF除去術

施術前 5カ月半後

Before

5カ月半後

施術前 5カ月半後

Before (閉瞼)

5カ月半後 (閉瞼)

◆リスク・副作用・合併症

ROOF除去術+全切開による重瞼術

内出血、腫脹、左右差、脂肪を除去した部分の陥凹、浅い重瞼線、固定糸が外れラインが薄くなる、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、不整な瞼縁(アーチ)、開瞼抵抗、低矯正(目の開きが悪い)、過矯正(目が開きすぎる)、角膜炎、ドライアイ、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、中縫いの糸が出てくることがある、縫合糸膿瘍、眼瞼痙攣、抑うつ・不眠など自立神経症状、頭痛、目の奥の痛み、 自分が想像していた結果が異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名全切開による重瞼術+ROOF除去術

施術前 1カ月後

Before

1カ月後

施術前 1カ月後

Before (閉瞼)

1カ月後 (閉瞼)

◆リスク・副作用・合併症

ROOF除去術+全切開による重瞼術

内出血、腫脹、左右差、脂肪を除去した部分の陥凹、浅い重瞼線、固定糸が外れラインが薄くなる、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、不整な瞼縁(アーチ)、開瞼抵抗、低矯正(目の開きが悪い)、過矯正(目が開きすぎる)、角膜炎、ドライアイ、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、中縫いの糸が出てくることがある、縫合糸膿瘍、眼瞼痙攣、抑うつ・不眠など自立神経症状、頭痛、目の奥の痛み、 自分が想像していた結果が異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

※症例写真は、参考画像であり効果や満足度には個人差がありますのでご了承ください。
※ヒルズ美容クリニックWEBサイト及び関連WEBサイトに掲載されている症例写真は、当院の患者様のご厚意により掲載許可を得ています。当サイトの写真・イラスト・文章等の無断転載・引用・使用を禁じます。