ページ
先頭へ

症例写真一覧:ミニ脂肪吸引

施術名内太もものミニ脂肪吸引

施術前 施術後

Before

After (1カ月後)

症例解説

内ももの赤く囲んだふくらんだ部分がなかなか痩せなかったので、手のひらサイズでミニ脂肪吸引を行い、内もものふくらみが解消しスッキリしました。

◆リスク・副作用・合併症

ミニ脂肪吸引

内出血、腫脹、左右差、血腫、吸引部分の凹凸、皮膚壊死、感染、瘢痕拘縮、感覚鈍磨、脂肪塞栓(肺塞栓など)、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また吸引部の切開創は、色素沈着、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、傷が長くなる、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、テープかぶれなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名下腹部のミニ脂肪吸引

施術前 施術前

Before (斜め)

After (2カ月後)

施術前施術後

Before (真横)

After (2カ月後)

症例解説

下腹部の一部分だけ、手の平サイズで吸引をおこないました。ミニ脂肪吸引により下腹部のふくらみが取れ、スッキリしています。

◆リスク・副作用・合併症

ミニ脂肪吸引

内出血、腫脹、左右差、血腫、吸引部分の凹凸、皮膚壊死、感染、瘢痕拘縮、感覚鈍磨、脂肪塞栓(肺塞栓など)、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また吸引部の切開創は、色素沈着、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、傷が長くなる、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、テープかぶれなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名頬のミニ脂肪吸引

施術前 施術後

Before

After (2カ月後)

症例解説

頬の脂肪を吸引したことでフェイスラインがすっきりしました。
※頬は他の場所に比べ血流が豊富で腫れや内出血が起こる可能性があります。

◆リスク・副作用・合併症

ミニ脂肪吸引

内出血、腫脹、左右差、血腫、吸引部分の凹凸、皮膚壊死、感染、瘢痕拘縮、感覚鈍磨、脂肪塞栓(肺塞栓など)、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また吸引部の切開創は、色素沈着、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、傷が長くなる、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、テープかぶれなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

※症例写真は、参考画像であり効果や満足度には個人差がありますのでご了承ください。
※ヒルズ美容クリニックWEBサイト及び関連WEBサイトに掲載されている症例写真は、当院の患者様のご厚意により掲載許可を得ています。当サイトの写真・イラスト・文章等の無断転載・引用・使用を禁じます。