ページ
先頭へ

症例写真

美白内服治療

Before

After (7カ月後)

After (1年4カ月後)

Before

After (7カ月後)

After (1年4カ月後)

Before

After (7カ月後)

After (1年4カ月後)

治療内容

【美白内服治療】肝斑(かんぱん)

目の下から頬にかけて左右対称に現れる炎症性のしみ、肝斑(かんぱん)の症例です。美白内服薬を服用し、1年4カ月が経過しました。肝斑が薄くなり、くすみも改善されてきています。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

◆リスク・副作用・合併症
【トラネキサム酸】食欲不振、悪心、嘔吐、胸やけ、そう痒感、発疹
【トコフェロール酢酸エステル】便秘、胃部不快感、下痢、発疹
【ランデールチオン】過敏症、発疹、食欲不振、悪心、嘔吐、胃痛
また他の内服薬と併用で薬の効能が低下する場合もあります。効果や満足度は個人によって異なりますのでご了承下さい。

Before

After (7カ月後)

After (1年4カ月後)

Before

After (7カ月後)

After (1年4カ月後)

施術前 7カ月後 1年4カ月後

Before

After (7カ月後)

After (1年4カ月後)

治療内容

【美白内服治療】肝斑(かんぱん)

目の下から頬にかけて左右対称に現れる炎症性のしみ、肝斑(かんぱん)の症例です。美白内服薬を服用し、1年4カ月が経過しました。肝斑が薄くなり、くすみも改善されてきています。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

◆リスク・副作用・合併症
【トラネキサム酸】食欲不振、悪心、嘔吐、胸やけ、そう痒感、発疹
【トコフェロール酢酸エステル】便秘、胃部不快感、下痢、発疹
【ランデールチオン】過敏症、発疹、食欲不振、悪心、嘔吐、胃痛
また他の内服薬と併用で薬の効能が低下する場合もあります。効果や満足度は個人によって異なりますのでご了承下さい。

Before

After (6カ月後)

治療内容

【美白内服治療】肝斑(かんぱん)

目の下から頬にかけて左右対称に現れる炎症性のしみ、肝斑(かんぱん)の症例です。美白内服薬を服用し、6カ月が経過しました。左右に広がっていた肝斑が薄くなっています。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

◆リスク・副作用・合併症
【トラネキサム酸】食欲不振、悪心、嘔吐、胸やけ、そう痒感、発疹
【トコフェロール酢酸エステル】便秘、胃部不快感、下痢、発疹
【ランデールチオン】過敏症、発疹、食欲不振、悪心、嘔吐、胃痛
また他の内服薬と併用で薬の効能が低下する場合もあります。効果や満足度は個人によって異なりますのでご了承下さい。

施術前右向き6カ月後右向き

Before

After (6カ月後)

施術前左側面6カ月後左向き

Before

After (6カ月後)

施術前左側面6カ月後正面

Before

After (6カ月後)

治療内容

【美白内服治療+フォトフェイシャルm22(全顔)】
そばかす、肝斑(かんぱん)

目の下から頬にかけて広がっていたそばかすと肝斑(かんぱん)を治療しました。この症例はフォトフェイシャルm22(温熱治療器)を受ける4カ月前から美白内服の服用を開始し、併用してシミ・美肌治療を行っています。6カ月後の経過ですがシミ、そばかす、肝斑(かんぱん)が薄くなり、肌質も良くなっています。このように美白内服の併用も可能です。
※肝斑の場合はプレ治療(美白内服)をおこなってからフォトフェイシャルm22を照射します。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

◆リスク・副作用・合併症
【フォトフェイシャルm22】発赤、痒み、疼痛、炎症性色素沈着、色素脱失、水疱形成、火傷、瘢痕形成、ケロイド形成、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。
【トラネキサム酸】食欲不振、悪心、嘔吐、胸やけ、そう痒感、発疹
【トコフェロール酢酸エステル】便秘、胃部不快感、下痢、発疹
【ランデールチオン】過敏症、発疹、食欲不振、悪心、嘔吐、胃痛
また他の内服薬と併用で薬の効能が低下する場合もあります。効果や満足度は個人によって異なりますのでご了承下さい。

Before

After (3カ月半後)

After (6カ月後)

Before

After (3カ月半後)

After (6カ月後)

Before

After (3カ月半後)

After (6カ月後)

治療内容

【美白内服治療+フォトフェイシャルm22】
肝斑(かんぱん)

目の下から頬にかけて左右対称に現れる炎症性のしみ、肝斑(かんぱん)の症例です。美白内服を服用し3カ月半経過と、その後にフォトフェイシャルm22を1回おこない、6カ月が経過した状態です。
※肝斑の場合はプレ治療(美白内服)をおこなってからフォトフェイシャルm22を照射します。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

◆リスク・副作用・合併症
【フォトフェイシャルm22】発赤、痒み、疼痛、炎症性色素沈着、色素脱失、水疱形成、火傷、瘢痕形成、ケロイド形成、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。
【トラネキサム酸】食欲不振、悪心、嘔吐、胸やけ、そう痒感、発疹
【トコフェロール酢酸エステル】便秘、胃部不快感、下痢、発疹
【ランデールチオン】過敏症、発疹、食欲不振、悪心、嘔吐、胃痛
また他の内服薬と併用で薬の効能が低下する場合もあります。効果や満足度は個人によって異なりますのでご了承下さい。

※症例写真は、参考画像であり効果や満足度には個人差がありますのでご了承下さい。
※ヒルズ美容クリニックWEBサイト及び関連WEBサイトに掲載されている症例写真は、当院の患者様のご厚意により掲載許可を得ています。当サイトの写真・イラスト・文章等の無断転載・引用・使用を禁じます。