ページ
先頭へ

首イボ・その他の小さな皮膚腫瘍の治療

首のイボ 施術後11か月

Before

After (11カ月後)

治療内容

首の無数のイボ

首のイボをエリア治療で一気に治療しました。無数にあったイボがなくなりスッキリした首筋になりました。ネックレスに引っかからなくなりました。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

料金

イボ・皮膚腫瘍 1mm大 ¥5,000/mm
エリア治療(無数にある場合) ¥80,000/エリア(個数は問いません)
麻酔代(希望によりプラス料金) 局所麻酔(注射) 一律 ¥500
麻酔クリーム 1エリア ¥3,000

※エリア治療希望の場合は、エムラクリーム(麻酔クリーム)を塗り約60分間浸透させてから行います。麻酔クリームの影響で施術中の痛みはほとんど感じません。

首イボ・その他の小さな皮膚腫瘍の治療の概要

イボ写真

無数の小さな首イボ(アクロコルドンとスキンタッグ)

ニーク社の炭酸ガスレーザー

ニーク社製の純日本製のレーザーを使用しています

治療対象となるイボ

首や顔にできたイボ(アクロコルドン・スキンタッグ)や皮膚腫瘍(白いできもの:真珠腫)、盛り上がったシミ(脂漏性角化症)。また、ニキビの芯が出かかっている状態にレーザーを照射するとキレイに治ります。

治療対象となる部位

首のイボ治療の希望が多いですが、顔やデコルテにできたイボ、腕や胸、背中など全身のどの部位にできたイボでも治療が可能です。イボは一つのエリアに無数に存在しているため、レーザーで個数を問わず一気に治療するお得な「エリア治療」が人気です。また、まぶたのイボも安全に治療できます。

麻酔について

炭酸ガスレーザーで他の皮膚腫瘍を治療する場合、個数が少なければ局所麻酔を「希望する」もしくは「希望しない」を選択できます。
1、2個であれば数秒で終了しますので「希望しない」を選択できます。またイボの「エリア治療」はエムラクリーム(麻酔クリーム)を塗り、約60分間麻酔を効かせた後で治療します。

イボが取れるまで

イボがとれるまで

炭酸ガスレーザーでイボを治療した場合は、通常1回でとれます。
上の写真は炭酸ガスレーザーで両頬にある無数のイボを治療した症例の経過です。
レーザーを照射した後は、軟膏を塗り、ガーゼを当てて終了です。表面が乾けば(1~3日後)直接日焼け止めを使用して大丈夫です。乾いたところはカサブタになっていますので、皮膚が再生され自然にとれるのを待ちましょう。治療後、数週間から数ヶ月は少し赤みが出る場合もありますが、徐々に改善して最終的に肌色になります。

よくある質問

首に無数にありますが、一度の治療は可能ですか?
可能です。麻酔クリームを塗り麻酔を効かした後(約60分)に治療を行います。麻酔時間を入れた実際の施術時間は90分前後です。
ヨクイニンなどを内服しましたがイボがとれません。
一度できたイボは内服などでは取れないことが多く、やはり炭酸ガスレーザーなどで除去することをオススメします。内服は予防になることもありますが、遺伝的要素も強いために防ぐことは厳しいと思われます。

ドクターメモ

イボの治療で傷跡を残さないために

首イボを、液体窒素やハサミなどを使用して治療している施設がありますが、液体窒素は色素沈着を生じます。ハサミでイボを切り取ることも、傷跡が残る場合がありますので、可能であれば炭酸ガスレーザーが置いてある医療施設で治療を受けるようにしましょう。

突出した小さなイボはレーザーで綺麗にとれます

リスク・副作用・合併症

内出血、発赤、炎症性色素沈着、色素脱失、再発、照射部の陥凹や隆起、瘢痕形成、ケロイド形成、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

関連ブログ

関連施術