ページ
先頭へ

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴とは?

最近、高濃度ビタミンC点滴という点滴療法が注目されています。ビタミンCには美白効果や老化の原因となる酸化を抑える作用があり、多くの方は今までに一度は摂取されていることだと思います。1日のビタミンC必要最低摂取量は100mgです。様々な研究により“美しさを維持していく”には必要最摂取量の約10~50倍以上もの量が必要だと言われているのです。
ヒルズ美容クリニックでは、皆様の美しさの維持をサポートできるよう高濃度ビタミンC点滴をはじめました。「身体の中から健康に、美しく」を目指していきましょう。

レモンイメージ

ビタミンCの主な生理作用

美白効果 シミの原因となるメラニンの生成を抑え白く還元させます
しわ・たるみの予防 肌の弾力を保つコラーゲン、エラスチンを増やし肌にハリをもたせます
免疫増強作用 有害な活性酸素除去・抗酸化作用が強く、風邪などのウイルスによる感染症の予防・疲労回復を早めます
貧血改善 鉄の吸収を高めます
動脈硬化予防 過剰のコレステロールを胆汁酸に変えて排出する作用があります
抗ガン作用 超高濃度のビタミンCは強力な抗酸化作用を発揮し、大量の過酸化水素を発生させます。正常な細胞は過酸化水素を中和させますが、ガン細胞だけが中和できずに消滅してしまうという性質があり、ガン予防や抗ガン剤の治療法として用いられています

その他にも解毒作用、血糖低下、血圧降下、抗ストレス作用などがあります。

高濃度ビタミンC点滴とビタミンC内服の違い

  1. ビタミンCの1日の必要摂取量(厚生労働省)は成人100mgとされています。
  2. ビタミンCは、基本的に摂取上限はありませんが余剰分は体外に排出されてしまいますので、目的に応じて摂取量や摂取のタイミングを調整していく必要があります。
  3. 内服でとる場合、1回の量が100~200mgで90%の吸収率といわれ、これ以上摂取量を増やしても吸収率はどんどん低下していきます。そのため内服の場合に一番効率よくビタミンCを吸収させるには、100~200mgのビタミンCを1日数回、間隔をあけて摂ることが理想的です。また食後の摂取が吸収率は高いといわれています。
  4. 高濃度ビタミンC点滴は、内服では吸収できない大量のビタミンCを血液に投与することでビタミンCの血中濃度を一気に上昇させる目的で行います。ビタミンC濃度を一気に上げることで上記の生理作用による効果を更に向上させることができるのです。

料金

高濃度ビタミンC点滴 5,000mg(5g) 1回 ¥9,000
ビタミンC 内服(シナールVC) 14日分 朝昼夕3回内服 ¥1,500
28日分×1 朝昼夕3回内服 ¥3,000
28日分×2 朝昼夕3回内服 ¥6,000
28日分×3 朝昼夕3回内服 ¥9,000
28日分×4 朝昼夕3回内服 ¥12,000
28日分×5 朝昼夕3回内服 ¥15,000
28日分×6 朝昼夕3回内服 ¥18,000

リスク・副作用・合併症

内出血、口渇、頻尿、倦怠感、アレルギー、気分が悪くなる、動悸、血管痛、神経痛、筋肉痛、1回で点滴の針が血管内に入らず成分が血管外へ漏れるなど。また効果や満足度は個人によって異なりますのでご了承下さい。

関連ブログ

関連施術