ページ
先頭へ

ノンアブレイティブ・フラクショナルレーザー(Reser FX)

肌コラーゲン産生でハリのあるお肌に

加齢や光老化などによって肌のターンオーバー機能が低下します。ヒルズ美容クリニックでは、1565nm(ナノメートル)波長のノンアブレイティブ・フラクショナルレーザー(ResurFX)を使用して、皮膚に微細な穴を開け、ターンオーバーを促進し、創傷治癒によってコラーゲンの産生を促し、肌の再生治療を行っています。

症例写真

施術前施術後

Before

After

治療内容

前額部のニキビ

※この症例は株式会社LUMENISからの提供です。撮影:MarielaNazarMD

料金

部位 価格(税抜)
全顔 ¥45,000
おでこ ¥25,000
両ほほ ¥25,000
目周囲 ¥25,000
口周囲 ¥25,000
¥15,000
¥30,000
麻酔代 価格(税抜)
麻酔クリーム ¥3,000

印がついている部位を2カ所同時に施術される場合は、2ヵ所(全顔・首以外)の合計金額¥37,500となります。

◆1回の治療からでもOK!

当院では最初から「セット価格」などはお勧めしません。何故なら治療回数は患者様の満足度に応じて異なるからです。あくまで初回の効果・満足度から患者様ご自身で判断されることです。クリニックより治療をお勧めすることは一切ありません。

※1回施術後、5回セットへ変更される場合は、1回分を差し引いた金額で購入できます。

ノンアブレイティブ・フラクショナルレーザー(Reser FX)の概要

適応

ニキビ跡、毛穴の開き、小じわ(特に目もとの小じわ)、妊娠線や急に痩せたことで皮膚にできる線条痕(ストレッチマーク)などが対象になります。また肌質改善(新しい皮膚の再生)などにも推奨されています。

フラクショナルレーザー治療とは

リサーFXの照射形状

1565nmの波長を有するファイバーレーザー(ResurFX)は、フォトフェイシャルm22(温熱治療器)に装備されているノンアブレイティブ(非浸襲型)・フラクショナルレーザー(non-ablative fractional laser)です。
上画像のような様々な形状の6つのビームをもち、部位に合わせて形状を変えられるだけでなく、レーザー光の強さや皮膚への照射深度も設定できるため、顔をはじめ様々な部位への治療が可能です。

効果

肌理の拡大

発振されたレーザー光は表皮を損傷することなく(ノンアブレイティブ;非侵襲的)、真皮層に到達し無数の穴(穴の個数は50~500個まで調節できます)をあけます。その針穴を修復する(創傷治癒)過程で、血小板から様々な成長因子が放出され、表皮細胞や線維芽細胞やコラーゲンなどの増殖が行われ、新しい肌が再生されます。また、これらの機能を応用することで、完全に消えることはありませんが、妊娠線などストレッチマーク(肉割れ)の改善にも効果が期待できます。

施術の流れ

施術の流れ

施術後の注意点

洗顔、入浴は通常通り行って下さい。お手持ちのクリームでしっかり保湿することを心がけて下さい。日焼け止めは必ず塗布して、直射日光は避け日焼け予防をして下さい。肌が敏感な方は2日程度照射部位が少し赤くなりますが心配ありません。
※洗顔、お化粧は当日から可能です。

ダウンタイム

照射部位に当日から赤みが生じます。赤みは照射時の強さ・あけた穴の個数によって数日から1週間程度続きます。また照射後の痛みは個人差がありますが、当日“ヒリヒリ”感を感じます。穴をあけた部分は、その個数によって“ザラザラ”した感じが数日~数週間続きます。以下に穴の個数(50~500個)による色調の変化を前腕内側で検証しています。

治療間隔

最低4週間は照射間隔を空けて下さい。肌の状態がよければそれ以上間隔を空けても問題ありません。自分の好きなペースで治療することが良いでしょう。

相乗効果

フォトフェイシャルm22(温熱治療器)と同時に行うとより効果的です。詳細は>>>こちら

確認事項

  • ◆ 日焼けして1ヵ月以内の状態では照射することはできません。
  • ◆ 入れ墨(タトゥー)は照射することができません。
  • ◆ 深いしわやたるみが改善する治療ではありません。
  • ◆ 妊娠中の方にはおすすめしていません。

よくある質問

ノンアブレイティブ・フラクショナルレーザー(ResurFX)とアブレイティブ・フラクショナルニードル(ダーマペン)の違いは何ですか?
ノンアブレイティブ・フラクショナルレーザー(ResurFX)もアブレイティブ・フラクショナルニードルも、皮膚に穴を開けて、その修復する(創傷治癒)過程で、血小板から様々な成長因子が放出され、表皮細胞や線維芽細胞やコラーゲンなどの増殖が行われ、新しい肌が再生されます。しかし、1565nmのレーザー光はノンアブレイティブ(非侵襲的)で、出血するわけではなくダウンタイムが短いことが特徴です。しかし、レーザーの出力が上がる、あるいは穴をあける個数が増えれば、出血はしませんがダウンタイムは長くなります。

リスク・副作用・合併症

内出血、発赤、腫脹、疼痛、炎症性色素沈着、傷の肥厚・陥凹、ケロイド形成、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

関連ブログ

関連施術