ページ
先頭へ

小鼻縮小(鼻翼縮小)

施術

施術後

Before

After (6カ月後)

治療内容

小鼻(鼻翼)張り出し型;小鼻縮小術 外側鼻翼縮小術

張り出し型の症例です。小鼻(鼻翼)の張り出しが目立ちます。小鼻縮小術 外側鼻翼縮小術を行いました。術直後から運動刺激予防のためにテープ固定を行い、術後6カ月ですが小鼻(鼻翼)の張り出しが改善され、鼻尖とのバランスとれました。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

料金

小鼻縮小術 外側鼻翼縮小術 ¥300,000
小鼻縮小術 内側鼻翼縮小術 ¥350,000
小鼻縮小術 内側+外側鼻翼修正術 ¥400,000

小鼻縮小(鼻翼縮小)の概要

基本的に鼻の整形はシンプルな施術が最も適しています。特に鼻先は鼻尖部分から組み立てていくと、スッキリした鼻先になることが多いために適応を見極める必要があります。 小鼻縮小(鼻翼縮小)は両目頭から垂線を下ろし、その垂線より明らかにはみ出している場合で、小鼻(鼻翼)自体の形態が「張り出し型」、「すそ野広がり型」の場合が最も良い適応になります。 小鼻縮小(鼻翼縮小)のトラブルは多く、その多くは適応外で行われているために、見極めは大変重要です。

手術適応の見極め

手術適応の見極め

原則的に「張り出し型」は外側鼻翼縮小術を適応しています。傷が目立つからという理由で、内側法だけで行う医師や施設がありますが、小鼻(鼻翼)の外への張り出しは治らず、付け根部分だけが内側に引き寄せられるために、余計にその張り出しは目立ち、“土偶の顔”のような形態になり、非常に不自然です。「すそ野広がり型」は内側法が適応になります。

小鼻縮小術 外側鼻翼縮小術の方法・手順

鼻翼(小鼻)縮小術【外側法】の方法・手順のイラスト

手術は局所麻酔で行います。外側法は「張り出し型」に行います。 鼻尖とのバランスが良くなるように(正面からみて小鼻:鼻尖:小鼻=1:1:1の比率が理想的)デザインします。皮膚の切除量を決定し全層で切除します。この時に切除ラインが小鼻(鼻翼)の溝に一致すると、逆に傷は目立ってしまうので注意して行う必要があります。最後に切開創をナイロン糸で縫合します。抜糸は7日目でおこないます。

小鼻縮小術 内側鼻翼縮小術の方法・手順

鼻翼(小鼻)縮小術【内側法】の方法・手順のイラスト

手術は局所麻酔で行います。内側法は「すそ野広がり型」に行います。 鼻尖とのバランスが良くなるように(正面からみて小鼻:鼻尖:小鼻=1:1:1の比率が理想的)デザインします。外側法と異なり、鼻翼の内側部分の皮膚を全層で切除します(従来法)。さらに、内側の鼻腔底部分の皮膚を全層で切除する方法(鼻腔底法)もあります。また、当院では症例によって、Yに切ってVに縫合するY-V advancement法に真皮弁を使った方法(③)も行っています。
いずれの方法も最後に切開創をナイロン糸で縫合します。 抜糸は7日目でおこないます。

重要事項

  • 前日に両側鼻の毛を短くカットしておいて下さい。
  • 局所麻酔で行う理由は、患者様が直接鼻翼尖の形態を確認して頂くためです。鼻翼の引き締め具合が適切か一緒に確認しています。
  • 小鼻縮小(鼻翼縮小)の術後は、レティナはケースバイケースで装着してもらうこともありますが、傷予防のための“両ほうれい線をまたぐ3Mテープ固定”は必須ですのでご了承下さい。
  • 腫れ防止のために、血液循環がよくなること(入浴・飲酒・激しい運動など)は2~3日は避けて下さい。
  • お化粧は翌日もしくは翌々日から可能です。

ドクターメモ

小鼻縮小(鼻翼縮小)術後の3Mテープ固定やレティナ装着について

【 3Mテープ固定 】

施術前施術後

Before

After (施術直後)

施術前施術後
「ウー」の状態で両ほうれい線をまたぐように固定「イー」をしても鼻翼は広がらない
施術前施術後
抜糸後は3~6ヶ月で固定

After (6カ月後)

小鼻縮小(鼻翼縮小)の場合は、口の動きが「イー」の時に、鼻翼は縮小した反対方向に引っ張られるために、小鼻縮小(鼻翼縮小)で縫合した傷の幅が広がります。他院の傷跡治療の中でも、この小鼻縮小(鼻翼縮小)の傷跡は比較的多く、そのほとんどが術直後からテープ固定を行っていませんでした。傷は運動刺激によって、広がったり、肥厚したりするために、当院ではその予防として3Mテープ固定を重要視しています。

※小鼻縮小(鼻翼縮小)の場合は、数ヶ月(3~6ヶ月)3Mテープ固定は必須ですのでご了承下さい。

【 レティナ装着 】

レティナ レティナ レティナ
  • 1. レティナモデル;それぞれの鼻孔の形態によって大きさが異なる
  • 2. 術直後に最適なモデルを選択する。なおレティナは全例に行うのではなく、もともと術前の左右差がひどい症例で、後戻りを予防するために使用する
  • 3. 素材はシリコンで挿入時に軟膏あるいはワセリンを塗布し挿入する レティナ装着は小鼻縮小(鼻翼縮小)や鼻尖縮小後に、鼻孔の形態を維持するために行う場合があります。全例に行うのではなく下記の様な場合に使用します。

①もともと術前に鼻孔の形態に左右差がある場合

②小鼻縮小(鼻翼縮小)後に鼻孔を綺麗に整えたい場合、鼻孔が三角形に尖る“コンセント鼻”の予防

③リモデリング(術後3~6ヶ月は創部に可塑性があり、ある程度形態を整えることができる)のために使用

④その他にも鼻柱の曲がりの予防、内脚隆起の形態維持などに使用

*術直後にレティナ最適モデルを合わせることで、抜糸後数日して装着が可能です。装着はワセリンや軟膏をレティナにつけてスムーズに挿入できます。

張り出し型に内側法を適応すると

「張り出し型」は、小鼻(鼻翼)の張り出しのピークが、小鼻(鼻翼)よりも外側にあるために、基本は付け根より外側の皮膚を切除する「外側法」が一般的です。しかし、「外側法は傷が目立つ」という理由で、小鼻縮小(鼻翼縮小)の全症例に対して「内側法」だけを行う医師や施設があるようです。傷は後述する“口唇部のテープ固定”により予防できますが、「張り出し型」の鼻翼(小鼻)に内側法を行えば、付け根部分だけがさらに内側に引き寄せられために余計に目立ち、鼻を下から見た時に、上(鼻尖部)が小さく、真ん中(張り出し部分)、下(付け根)が小さい“土偶の顔”のような形態になり、非常に不自然です。

真ん中(張り出し部分)、下(付け根)が小さい“土偶の顔”のような形態

よくある質問

鼻尖縮小と小鼻縮小(鼻翼縮小)はセットで行うのですか?
私の基本的な考え方は、鼻尖部から組み立てていくために、鼻尖を引き締めると若干小鼻(鼻翼)が中央部に引き寄せられ、小鼻縮小(鼻翼縮小術)を行わなくて良い場合があります。つまり小鼻縮小(鼻翼縮小術)から行えば、両鼻翼(小鼻)と鼻尖部のバランスが崩れ(鼻尖部が相対的に太くみえます)、必ず鼻尖縮小を行わなくてはいけなくなります。私は余分な手術を行わないためにも、鼻尖から組み立てていきます。
笑った時に広がる小鼻が嫌です。どうにかなりませんか?
本来は笑った時に多少、小鼻(鼻翼)は広がります。むしろ動かない方が不自然です。しかし、このような動きによって変化する小鼻(鼻翼)に対して、小鼻縮小(鼻翼縮小術)で対応している医師・施設がありますが、これは正しいのでしょうか!?特にフラップ法で小鼻縮小(鼻翼縮小術)を行った場合に、各々のフラップが対側の小鼻(鼻翼)基部皮下組織に向かって糸で引き締められ、その後瘢痕性に癒着します。癒着すると笑った時に小鼻(鼻翼)が動かなくなる場合があり、非常に不自然になります。そのため私は、フラップ法は行わず、先に述べた2種類の内側法を使い分けます。そして術後にテープ固定を行い、傷の安静とその後に傷が目立たないようにすることに重点を置きます。不自然な表情はいくら小鼻の形が綺麗でも人に違和感を与えてしまうからです。
切らずにできる糸だけの小鼻縮小(鼻翼縮小)は効果がありますか?
両鼻翼に糸をかけて引き寄せれば、鼻翼同士は引き寄せられ、確かに距離は縮まるので一見鼻翼が縮小されたように見えます。しかし鼻と口の間が盛り上がり不自然になります。また糸は、笑うなどで縮小した反対方向に力が加わり戻ります。従って効果はないといえます。

リスク・副作用・合併症

■小鼻縮小術 外側鼻翼縮小術

内出血、腫脹、左右差、鼻翼(小鼻)が硬くなる、形態異常、鼻孔の変形、人中が長くなることがある、笑った時の口の開きが不自然、傷が開く、糸が出てくる(埋没縫合した糸がでてくることがある)、縫合糸膿瘍、テープ(傷の安静をはかるためのテープ固定)かぶれ、傷の肥厚・陥凹、瘢痕形成(傷跡が残る可能性があります)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

■小鼻縮小術 内側鼻翼縮小術

内出血、腫脹、左右差、鼻翼(小鼻)が硬くなる、形態異常、鼻孔の変形、笑った時の口の開きが不自然、傷が開く、糸が出てくる(埋没縫合した糸がでてくることがある)、縫合糸膿瘍、テープ(傷の安静をはかるためのテープ固定)かぶれ、傷の肥厚・陥凹、瘢痕形成(傷跡が残る可能性があります)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

関連ブログ

関連施術