ページ
先頭へ

美白・美肌の外用薬

当院の外用薬治療

当院の外用薬

当院では、美白クリームとしてメラニンの産生を抑えるハイドロキノン、目元や小ジワ、ニキビに対して皮膚の代謝を亢進させるトレチノインを処方しています。ご自宅で手軽にお使いいただける美容クリニックの美白・美肌の外用薬、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

トレチノイン

肌のターンオーバーを促進

  • 小ジワ、シミ、ニキビに効果的な外用薬です。
  • ビタミンA(レチノール)の誘導体で、もともと血液中にごく微量流れているものなので、アレルギー反応を起こす心配がありません。
  • 皮膚の古い角質を剥がすピーリング効果があり、お肌のターンオーバーを促進します。
  • 皮脂の分泌を抑えるので、ニキビの治療や肌のオイルコントロールにも有効です。真皮内のコラーゲンやヒアルロン酸の産生を促すため、お肌の水分量がUPし、皮膚の張りや小ジワの改善を導きます。

トレチノインクリーム

注意事項

  • ■使用当初は反応が見られないこともあります。
  • ■数日後から赤くなり、角質が垢のようにポロポロと剥けてくることもあります。刺激に対しても敏感になります。このような反応はトレチノインオイルジェルが効果を発揮していることの目安にもなります。
  • ■日中は紫外線の予防を行ってください。
  • ■トレチノインオイルジェルは医師の診断により処方する薬剤です。自己判断で他の人にお譲りすることはお控えください。
  • 妊娠中、妊娠予定の方は治療をお控えいただき、治療中は必ず避妊を行ってください。

保管方法

  • ■トレチノインオイルジェルは必ず冷凍庫で保管してください。
  • ■外出時や旅行には携帯しないでください。
  • ■開封後は1年を目安にお使いいただけます。

使用について

詳しい使用方法はこちらをご参照ください。 →使用上の注意.pdf

ハイドロキノン

メラニン産生を抑制

  • シミの原因となるメラニンの産生を抑制する働きがある漂白剤です。
  • 浅いシミや肝斑の軽減、外傷や虫刺され後などの色素沈着を予防します。
  • レーザー治療後の炎症性色素沈着などに効果があります。

ハイドロキノンクリーム

注意事項

  • ■使用当初は反応が見られないこともあります。
  • ■数日後から赤みが生じてくることもあります。刺激に対しても敏感になります。このような反応はハイドロキノンクリームが効果を発揮していることの目安にもなります。
  • ■使用頻度は人によって毎日、2日に一度、3日に一度などと異なります。また休薬が必要など使用期間も人によって異なるので、医師の指示に従ってください。
  • ■ハイドロキノンクリームの治療効果には個人差があります。使用中に赤みや刺激が強くなりすぎるなど、何か心配なことがある場合は医師にご相談ください。
  • ■日中は紫外線の予防を行ってください。
  • ■ハイドロキノンクリームは医師の診断により処方する薬剤です。自己判断で他の人にお譲りすることはお控えください。
  • ■ハイドロキノンアレルギーの方はお使いいただけません。

保管方法

  • ■ハイドロキノンクリームは必ず冷蔵庫で保管してください。
  • ■購入から約6カ月を目安に使い切ってください。

使用について

詳しい使用方法はこちらをご参照ください。→ 使用方法.pdf

料金

◆ トレチノイン

外用薬名 容量 価格(税込)
トレチノイン 5g/0.1% ¥5,500

◆ ハイドロキノン

外用薬名 容量 価格(税込)
ハイドロキノン 5g ¥2,200

よくある質問

トレチノインとハイドロキノンの併用はできますか?

併用は可能です。

トレチノインでターンオーバーを促進させてメラニン色素を外に押し出し、ハイドロキノンでメラニン色素の生成を抑えるのが、シミの治療として効果的です。

使用中に気をつけることはありますか?

日焼けに気をつけてください。

使用中は紫外線の影響を非常に受けやすい肌状態になっています。紫外線を浴びるとシミが濃くなる可能性がありますので、日焼け予防を徹底してください。外出する際は日焼け止めを必ず使いましょう。
その他、気をつけることはこのページの各外用薬「注意事項」にまとめてありますので、ご確認ください。

リスク・副作用・合併症

■トレチノイン

レチノイド反応(塗布部位の痒み、紅斑、熱感、皮むけなど)、かぶれ、アレルギー、また効果や満足度は個人によって異なりますのでご了承下さい。
※※レチノイド反応が生じた場合、使用頻度を減らしたり中止したりします。

■ハイドロキノン

炎症(赤み、かゆみ、ひりひり感など)が伴い、腫れ、かぶれ、 水疱形成、アレルギー、炎症性色素沈着、色素脱失、また効果や満足度は個人によって異なりますのでご了承ください。
※赤みや刺激が強い場合は使用を中止し、医師に相談してください。

関連ブログ

関連施術