ページ
先頭へ

ピアス処置(耳・ボディピアス)

初めての方へ

当院では、ピアッサーによる穴開け処置と、ニードルによる穴開け処置の両方に対応しています。また、耳たぶのピアスだけでなく、トラガス、ヘリックスなどの軟骨、へそピアスなどのボディピアスも行っています。ファーストピアスの持ち込みにも対応していますので、お気軽にお問い合わせください。

写真

施術の流れ

各ピアスの施術の流れを見ることができます。下のボタンから切り替えられます。
  • 耳のピアス
  • ボディピアス
  • 特殊な部位のボディピアス

耳のピアス

ファーストピアス

開ける位置にマーク

ピアッサーで穴開け

装着

お好きなファーストピアスをお選びいただく

ピアスホールを開けたい位置に印をつけてもらう

印に合わせてピアッサーで穴開け処置

一瞬で装着できます

ファーストピアスは、ステンレス・樹脂・チタン製の中から、お好きなピアスをお選びください。
※在庫状況により、ご希望のピアスがない場合がございます。予約時にご確認ください。

注意事項

18歳未満の方へ

◆ 高校生の方で保護者同伴でない場合は、保護者の同意書が必要になります。下記の該当するPDFデータを印刷、記入してお持ちください。不明点があればクリニックまでお問合せください。
18歳以上で大学生の方は、保護者の同意書は必要ありません。本人の同意書のみで施術することが可能です。
◆ 中学生以下は保護者同伴でないと施術は出来ません。

● ピアス『同意書』『内服薬・外用薬・局所麻酔薬を使用するにあたっての確認書』PDFデータはこちら

● ピアス『注意事項』PDFデータはこちら

耳の軟骨ピアスは化膿に注意!

耳の軟骨は耳たぶに比べると開けたあとに化膿する人が多いと言えます。「消毒をしっかりしていたけど化膿しました」というお声をよく聞きます。実は、軟骨だから化膿しやすいのではなく、その場所に秘密があるのです。耳の裏側(右写真)を見てみるとキャッチが飛び出していますよね。この飛び出している部分に髪の毛が巻き付くと、髪の毛の汚れなどによりバイ菌が入って化膿します。軟骨は一度化膿してしまうと、“軟骨炎”といって、通常の化膿と違い、進行すると耳の形を変形させてしまいます。放置していると症状が悪化するので、自己判断せず、すぐに医師に診てもらいましょう。耳の軟骨をあけて消毒する際には、髪の毛が巻き付いていないか確認しましょう。巻き付いていればすぐに取り除いて清潔を保つようにしましょう。

表側から見た軟骨ピアス 裏側を見てみましょう
表側から見た軟骨ピアス キャッチが裏に飛び出している

※before & afterの画像は、参考画像であり症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

裂けた耳(耳垂裂)の他院修正

耳たぶが裂けてしまった状態を耳垂裂(じすいれつ)といいます。生まれつき耳たぶが割れている先天性(先天性耳垂裂)と、ピアスを引っ張るなどにより裂けてしまう後天性(後天性耳垂裂)があります。後天性により裂けた耳たぶを放置するとバイ菌が傷口に入り、赤く腫れる、痛みがでるなどの恐れがあります。
右写真は、他院でピアスを開けた後、耳垂裂となった症例です。当院で裂けた部分を縫合し、修正をおこないました。縫合後は裏側からみても傷跡が目立たなくなりました。耳垂裂など、ピアス処置後のトラブルもお気軽にご相談ください。

※before & afterの画像は、参考画像であり症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

耳たぶピアスの穴が裂けた状態(耳垂裂)
縫合後の状態は裏側からみても傷跡が目立ちません

よくある質問

麻酔はしてくれますか?
局所麻酔が可能です。
高校生ですが、保護者の都合がつかず同伴できません。
高校生の方で保護者同伴でない場合は、保護者の同意書が必要になります。このページの注意事項より同意書を印刷・記入の上、お持ちください。
中学生以下でもできますか?
中学生は、へそピアスなど部位によってできない場合がありますのでご相談ください。ご来院頂く際は、必ず保護者同伴をお願いしております。小学生以下のピアス処置はお断りしております。
ピアスは同時に何カ所も同じ日に開けられますか?
開けるほどリスクは上がりますが、可能です。トラブルもなく、耳の形や持ち込みピアス、リスクをご納得いただいたうえで同日の施術が可能です。
ピアスを開けてほしい位置に印をつけていってもいいですか?
かまいません。
ファーストピアスをその場で見て選んでいいですか?
見本がありますので、その場で見てお選びいただけます。
ピアスの持ち込みはOKですか?
お持ち込みは可能です。ただし、滅菌されている未使用品に限ります。アクセサリーピアス(セカンドピアス)はファーストピアスとして使用できません。素材はサージカルステンレス、純チタン、樹脂のいずれかでお願いします。
ピアスをあけた当日はお風呂に入れますか? 洗髪しても大丈夫ですか?
長時間の入浴は避け、軽くシャワーを浴びる程度にしてください。洗髪はOKです。耳の裏など、シャンプーのすすぎ残しがないように洗い流して下さい。
耳たぶ以外の部位へのピアス処置は行っていますか?
耳の他の部位では、 ヘリックス(耳輪)やトラガス(耳珠)、バーティカルトラガス、その他、ボディではおへそのピアス処置を行っております。
舌、乳頭、性器などの特殊部位へのピアス処置は行っておりませんのでご了承ください。
バーティカルトラガスはそちらで販売していますか?
当院では取り扱いがありません。持ち込みのみになります。
一度穴あけに使用したピアスをもう一度ピアッサー処置に使用できますか?
一度使用したピアッサーを使うことは出来ません。ニードル処置なら使用可能です。
耳たぶのピアスの場合にも抗生剤は必要ですか?
耳たぶの場合は希望者のみ処方しております。
最終受付は何時ですか?
最終受付は18:00~18:30ですが、施術内容により前後しますので、お電話でお問合せください。

料金

ピアス表

ファーストピアス持ち込みの諸注意

  • ●持ち込みピアスは滅菌されている未使用品に限ります。
  • ●アクセサリーピアス(セカンドピアス)はファーストピアスとして使用できません。
    ファーストピアスの種類は以下の表をご参照ください。
素材 サージカルステンレス、純チタン、樹脂のいずれか
部位 太さ
耳たぶ、ヘリックス 16G または 14G
軟骨 16G または 14G
部位 形状 太さ
インダストリアル ストレートバーベル(長さに余裕のあるもの) 16G または 14G
へそ カーブドバーベル(ヘッドが丸いタイプ) 16G または 14G
鼻用ピアス(先端先細、リング型など) 16G または 14G

ピアス計算機(料金ご参考)

下記表より、処置代、ピアス本体代(ファーストピアス)、お薬代を選択して合計金額を算出できます。

※耳たぶの場合、抗生剤は希望者のみプラス。インダストリアルは持ち込みのみのため、ピアス本体代は無し。

◆処置代
ピアッサー、ピアスガンで開けられる箇所
耳たぶ 1箇所 /¥3,400 ヘリックス 1箇所 /¥3,400
耳たぶ 2箇所 /¥4,800 ヘリックス 2箇所 /¥4,800
耳たぶ 3箇所 /¥7,200 ヘリックス 3箇所 /¥7,200
ニードル処置(ピアッサー、ピアスガンで開けられない箇所)の場合は下記より選択
ニードル処置 1箇所/¥6,700
ニードル処置 2箇所/¥13,400
◆ピアス本体代(ファーストピアス)
サージカルステンレス(人工石付)1個/¥1,500 透明樹脂 1個/¥1,500
サージカルステンレス(人工石付)2個/¥3,000 透明樹脂 2個/¥3,000
サージカルステンレス(人工石付)3個/¥4,500 透明樹脂 3個/¥4,500
純チタン 1個/¥2,000 純チタンリング  1個/¥1,250
純チタン 2個/¥4,000 純チタンリング 2個/¥2,500
純チタン 3個/¥6,000 純チタンリング 3個/¥4,500
トラガス 1個/¥3,750 純チタン先端先細 1個/¥2,500
トラガス 2個/¥7,500 純チタン先端先細 2個/¥5,000
純チタンカーブドバーベル 1個/¥2,500 口唇用ピアス 1個/¥3,750
純チタンカーブドバーベル 2個/¥5,000 口唇用ピアス 2個/¥7,500
◆お薬代
抗生剤 3日分/¥990
合計金額(税抜)

ピアスに関するその他の料金

ピアス穴開け後の処置代
ファーストピアスのキャッチはずし、交換 初回 無料
2回目以降 ¥930(他院初回)
化膿・埋入・アレルギーなどのトラブル
ピアス化膿処置代 ※ ¥3,000
ピアス化膿処置代(他院)※ ¥5,000
※薬代別途。処方内容によって異なります。
シリコンチューブ代 ¥1,400
ピアス外傷縫合処置代 ¥15,000
耳垂裂縫合処置代 ¥50,000

※カラーによっては在庫がない場合があります。

ファーストピアスカタログ

リスク・副作用・合併症

■ピアス処置

発赤・疼痛・ピアス排出・ピアス埋入・感染・ケロイド形成、想像していた結果(ピアスの位置など)と異なるなどが考えられます。

■ピアス縫合処置

内出血、腫脹、感染、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、 縫合糸膿瘍、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、テープかぶれ、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

関連ブログ

関連施術