ページ
先頭へ

隆鼻術(鼻を高くする)

隆鼻術について

隆鼻術には、鼻筋にプロテーゼという人工物、あるいは耳介軟骨や肋軟骨などの自家組織を移植する手術、もしくは、ヒアルロン酸などを注入して鼻筋を高くする方法があります。
術後の鼻の形がもっともきれいに作れるのは、人工物であるプロテーゼです。
プロテーゼは、術後に吸収されることがないため、術前に計画した高さと太さの鼻筋を作ることができるからです。
自家組織では術後の個人差もありますが、若干の吸収はどうしても起こります。
また、手術しなくて良い点ではヒアルロン酸などを注入することもできますが、多量に注入すると鼻筋が太くなる欠点もあります。

横顔のEラインイメージ

E-ライン(鼻尖と顎の先端を結んだ線)は横顔のバランスの基準

料金

Before

After (注入直後)

治療内容

ヒアルロン酸による隆鼻:鼻根部から鼻尖部まで注入

鼻根部から鼻尖部まで注入したことで鼻筋がすっきりしました。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

料金

隆鼻 ヒアルロン酸注入1本 ¥50,000
隆鼻 プロテーゼ挿入 ¥300,000
隆鼻 ゴアテックス挿入 ¥300,000
隆鼻 肋軟骨移植術 ¥800,000

人工物(プロテーゼ)による隆鼻

プロテーゼとは?

人工物(プロテーゼ)にはシリコンプロテーゼとゴアテックスプロテーゼがありますが、通常は挿入が簡単で適度な固さと弾力性を持っているシリコンプロテーゼを使用します。
患者様が希望される鼻をシミュレーションしながら、横顔を観察し、鼻とのバランスを考えて計画していきます。

当院にはI型と、L型のシリコンプロテーゼがあります。
L型は、文字通りL字の形をしており、鼻筋を高くすると同時に鼻尖までは入るため、鼻先を高くすることが出来ます。しかし、L型は皮膚に負担がかかり鼻先の皮膚が薄くなる、アップノーズ変形(鼻先が上を向く)になりやすいなどの理由から、当院ではI型のプロテーゼを主に使用しています。鼻先も高くしたい場合は、耳介軟骨を用います。いずれも、患者様お一人お一人に合わせた術式や手技を選択して行います。

シリコンプロテーゼ

I型(左2個)と、L型(右)のシリコンプロテーゼ

鼻の構造とプロテーゼの挿入位置

プロテーゼによる隆鼻の解剖図

方法

手術は局所麻酔で行います。隆鼻術は原則、クローズ法(左右の鼻の中を切開:皮膚表面に傷は残りません)で行います。切開部から鼻の軟骨と鼻の骨の上を剥離しプロテーゼを挿入するスペースをつくり、鼻骨骨膜の下にプロテーゼを挿入します。鼻骨骨膜の下に挿入することで安定した固定ができます。(ポイントはおでこよりも鼻根部:目と目の間が高くならないようにしないといけません)。鼻の中を縫合して終了です。

経過

1週間は鼻背部分を皮膚の上からテーピング固定を行い挿入部分の安静をはかります。
抜糸は7日目で行います。

※なお、隆鼻術の他に鼻中隔の延長を行う場合や、他院の修正で非常に難しい症例ではオープン法(左右の鼻の中と鼻柱と呼ばれる鼻の外を切開:鼻柱部分だけに傷が残ります)で行います。

鼻

肋軟骨移植による隆鼻術の概要

肋軟骨の採取から挿入

肋軟骨移植による隆鼻術の解剖図

方法

隆鼻に使用する肋軟骨は、7番目か8番目の肋軟骨です。手術は局所麻酔で行います。隆鼻術は原則、クローズ法(左右の鼻の中を切開:皮膚表面に傷は残りません)で行います。切開部から鼻の軟骨と鼻の骨の上を剥離し、肋軟骨を挿入するスペースをつくり、鼻骨骨膜の下(安定した固定ができます)に細工した耳介軟骨を挿入(ポイントはおでこよりも鼻根部:目と目の間が高くならないようにしないといけません)。鼻の中を縫合して終了です。

経過

1週間は鼻背部分を皮膚の上からテーピング固定を行い、挿入部分の安静をはかります。
抜糸は7日目で行います。耳介部分も7日目で抜糸します。

※なお、隆鼻術の他に一部の難しい鼻尖形成術を行う場合や、他院の修正で非常に難しい症例ではオープン法(左右の鼻の中と鼻柱と呼ばれる鼻の外を切開:鼻柱部分だけに傷が残ります)で行います。

クローズ法、オープン法の鼻イラスト

ヒアルロン酸注入による隆鼻

ヒアルロン酸は注射の要領で注入しますので、切開しなくてもよいという利点はあります。ヒアルロン酸は、少量であれば注入物による隆鼻に適しますが、多量に注入すると柔らかいので鼻の稜線の両サイドに移動し、太くなります。そのため、なかなか細くて高いスマートな鼻筋を作ることができません。
また、鼻根部への大量注入は失明(しつめい)の危険性があるため、注意が必要です。注入は局所麻酔薬が含まれたヒアルロン酸を注入するので痛みは軽減されます。注入直後から効果が現れます。まれに内出血を起こす場合もありますが、お化粧ができるので隠すことができます。

※現在は他の注入物にレディエッセ、アクアミドなどがありますが、当院では取り扱っておりません。特にアクアミドは安全性が確認されていないために、問い合わせがあれば注入しないように注意喚起しています。

ヒアルロン酸イメージ

よくある質問

シリコンプロテーゼのL型とI型ではどちらがおすすめですか?
L型のプロテーゼは、鼻尖の皮膚が薄くなったり、アップノーズ変形(鼻先が上を向く)になる可能性があるなどの理由で次第に使われなくなっています。現在の主流は、鼻筋だけを高くするI型が使われています。鼻尖部(鼻先)を高くする場合は耳介軟骨などが用いられています。
ゴアテックスプロテーゼはどのような場合に用いますか?
もともと鼻とおでこの境界が上まぶたより上にある場合や、すでにプロテーゼが挿入されているけど、境界が上まぶたより上にある場合は、眉間を高くすることが好ましいわけです。また、プロテーゼを使って鼻筋を高くした結果、鼻とおでこの境界が上(頭側)にずれているケースには眉間のプロテーゼを追加することで、不自然な鼻を修正することができます。

ドクターメモ

シリコンプロテーゼの経過

シリコンプロテーゼは、周辺組織と癒着することがないため、輪郭がはっきり出やすくてシャープなラインを作ることができます。また、被膜(カプセル)で覆われるために取り出しは簡単です。
数十年という長期経過では、被膜(カプセル)拘縮や石灰化によりプロテーゼの輪郭が浮き出てくるという報告がされています。

ゴアテックスのプロテーゼとは?

ゴアテックスは、非常にやわらかく通気性と保温性に優れているため、スキーウエアーなどに用いられている繊維です。 医療用には人工血管や脳硬膜の修復に用いられています。美容外科の分野では被膜(カプセル)ができないため、特に海外で普及しています。シリコンプロテーゼのように長期経過でも石灰化や輪郭が浮き出てくることは非常にまれです。周辺組織と癒着するために自家組織同様に取り出しにくい可能性があります。鼻根部や眉間部の隆鼻に最も適しています。

隆鼻に使用される軟骨

自家組織としては軟骨が代表的なものです。耳介軟骨や肋軟骨が選択されますが、軟骨は皮膚としっかり癒着し輪郭がはっきりとでます。耳の軟骨は厚みが1ミリ程度。鼻筋を1ミリ以上高くするには、何枚かの軟骨を重ねてつなぎ合わせる必要があります。一方で、肋軟骨は十分な大きさがあり、しっかりと鼻筋を通したいというケースには適しています。
しかし、鼻の形にフィットするように削っていくと軟骨が曲がってしまう欠点もあります。

その他の隆鼻術に使われる自家組織

軟骨や骨といった固い組織だけでなく、脂肪や真皮や筋膜も使用されています。
この中で術後の吸収が一番少ないのは軟骨です。軟骨は柔軟性があり、もっとも適した素材といえます。骨は固すぎて鼻筋になじませるのが難しいため、かなり吸収されてしまい、脂肪や真皮や筋膜は吸収されるため、どれだけ鼻筋が高くなるのか予測がつきません。そのため、当院では脂肪や真皮組織などの柔らかい自家組織移植は高さだけでなく太さもでますのでオススメしていません。

リスク・副作用・合併症

■プロテーゼによる隆鼻術

内出血、腫脹、凹凸、感染、太い鼻筋(アバター鼻)、鼻筋が曲がる、プロテーゼが動く、位置異常、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

■肋軟骨移植による隆鼻術

内出血、腫脹、凹凸、感染、太い鼻筋(アバター鼻)、鼻筋が曲がる、移植した肋軟骨が動く、移植した肋軟骨の一部が吸収される、位置異常、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。 また肋軟骨採取部は血腫、気胸、胸郭変形、肋間神経痛などが耳介後面の傷、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形、傷が開く、糸が出てくる(埋没縫合した糸がでてくることがある)、縫合糸膿瘍、テープ(傷の安静をはかるためのテープ固定)かぶれ、傷の肥厚・陥凹、瘢痕形成(傷跡が残る可能性があります)などが考えられます。

■ヒアルロン酸注入による隆鼻

内出血、腫脹、凹凸、太い鼻筋(アバター鼻)、アレルギー、塞栓による皮膚壊死・失明・脳梗塞、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

関連ブログ

  • ブログ ヒアルロン酸で鼻を高くする
  • ブログ ヒアルロン酸注入による隆鼻

関連施術