ページ
先頭へ

切除術によるホクロ(黒子)治療

Before

After (約1カ月半後)

After (約5カ月後)

施術前施術後約5カ月

Before

After (約5カ月後)

治療内容

右下顎部の色素性母斑

右の目の下に黒子が急に大きくなったので、治療希望で来院された症例です。 悪性のものを念頭において治療方針を探り検証した結果、総合的に良性だと考えましたが、念のため切除した組織を病理検査に提出しました。2週間後の病理検査の結果は良性でした。悪性の心配はなくなり切除をおこないましたが、今後は傷の経過を確認していく必要があります。術後1カ月半はまだ傷は赤いですが、5カ月もすれば傷も綺麗でほとんど目立っていません。たとえ結果が良性であっても、急に大きくなる黒子は要注意です。切除し病理組織を提出すべきです。そして、何よりも綺麗に修復することも大切です。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

料金

切開術によるホクロ(黒子)治療 ¥5,000/mm × 大きさ + ¥30,000(切開代)
植皮術 ¥200,000
病理組織検査代 ¥10,000
細胞診代 ¥3,000

切除術によるホクロ治療の概要

悪性腫瘍の黒子

病理組織検査により悪性腫瘍と判明し、当院で切除をおこなった黒子

治療対象となるホクロ(黒子)

6mm以上で皮膚表面に突出しているホクロ(黒子)、深いホクロ(黒子)

その他

色素性母斑、眼瞼の腫瘍、良性腫瘍、悪性腫瘍、レックリングハウゼン氏病
など様々な腫瘍の治療が可能です。

切除するものが「悪性」と疑われるような場合は病理組織検査(※)をおこないます。(※)検査代として別途¥10,000がかかります。

黒子の皮弁を作成するデザイン写真

皮膚のしわ、表情じわに沿って行う
(写真は皮弁を作成するデザイン)

局所麻酔で行いますので、治療中の痛みはありません。
美容外科・形成外科での切除治療は、単純に切って縫うわけではなく、皮膚のしわに沿って縫合線が一致するようにデザイン、縫合をします。例えば、頬の大きな黒子であれば、笑いじわ・表情じわに沿って縫合をします。
また、1cm以上の大きな黒子や皮膚腫瘍で、かつ、単純に縫合できない場合は、皮弁(※)を作成して欠損部分を補う場合もあります。

(※)皮弁:「血流のある皮膚」のこと

切除治療後は、5~7日目で抜糸を行い、その後は肌色テープ(3Mマイクロポアテープ)で3~6カ月間固定します。切除治療後の傷跡を極力目立たなくするためです。なお、鼻尖部や頬のような毛穴が開いているような部分では、縫合直後の傷はとても綺麗になりますが、 抜糸後に皮脂の影響で傷は“ジュクジュク”してくることが多く傷自体が開くこともあります。このような場合は“待つ”しかありません。この時期に焦って再縫合してもまた同じ結果になります。軟膏などを使用し湿潤環境にしておけば次第に落ち着いてきます。
下の写真は、切除術後の傷が目立たなくなっていく過程です。右の小鼻の横に大きな黒子があります。切除して小鼻のカーブに沿って縫合します。このように、切除した後の縫合線をどのような形にするかで、その後の傷が目立つか、目立たないかが決まります。

術後の経過
ほくろ施術前 三角矢印 ほくろ切除施術直後 三角矢印 ほくろ切除3ヶ月後
施術前 施術直後 3カ月後

※before & afterの画像は、参考画像であり症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

ドクターメモ

毛穴の開いている部分での黒子切除

毛穴の開いている部分での黒子切除説明イラスト

鼻尖部や頬は皮脂がたくさん出て毛穴が開くところです。この部分の傷は綺麗になる場合と、凹んで治ってしまう場合があります。通常は皮脂がたくさんでると湿潤環境になりやすく綺麗に治ります(※湿潤環境は傷が綺麗に治るための絶対条件)。しかし、縫合部の傷が凹む場合は、毛穴が大きく開き、それがたくさんみられる状態の時で、手術を行う場合は特に注意が必要になります。
鼻尖部や頬の黒子を切除する際に、当院ではイラストBのように気をつけて切除しています。
『毛穴の底』を切除すると縫合部は凹みます(イラストA)。一方で『毛穴のないところ』で切除(イラストB)すると縫合部が凹む可能性は低くなります。ただし毛穴が密に存在している場合は、いくら注意しても凹む可能性はあります。毛穴の開きが目立つような部分で黒子を切除する場合は、凹む可能性があるということを患者様にはしっかりと説明した上で手術を行うべきでしょう。

リスク・副作用・合併症

内出血、腫脹、傷が開く、糸が出てくる(埋没縫合した糸がでてくることがある)、縫合糸膿瘍、テープ(傷の安静をはかるためのテープ固定)かぶれ、傷が長くなる、ドッグイヤー(傷跡の両端が盛り上がる)、傷の肥厚・陥凹、ケロイド形成、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

関連ブログ

関連施術