ページ
先頭へ

目頭切開術

Before

After (1ヶ月後)

治療内容

目頭切開(内田法;W形成術)+挙筋法(埋没法)

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

~ 症例の詳細 ~

蒙古ヒダ

目の内側に蒙古ヒダがあるために目の横幅が狭く、奥二重のために目の縦幅が狭くなって全体的な印象で目力が乏しくなっていました。一般的に平行型の二重まぶたをつくると、目が大きくなって少し印象が変わるのですが、この症例のように蒙古ヒダがあると平行型の二重がつくりにくく、つくったとしても、縦(上下方向に)に大きな目になるだけでバランスがよくありません。そこで蒙古ひだに対して目頭切開を加えることで、同時に横に大きな目にもなりバランスが非常によくなります。

目頭切開の二重と目頭の検証

料金

目頭切開術 ¥250,000

目頭切開の概要

目頭切開術は手術する範囲が少ないために簡単なように見えますが、適応を慎重に見極めないといけません。
目頭切開術の方法はいくつも方法がありますが、当院ではZ形成術(不等辺Z形成術)、内田法(W形成術)を各々の目頭の形態に合わせ使い分けています。また、目頭は皮膚が非常に薄く、その傷跡が目立ちやすいために、手術中の操作は繊細さが必要になります。特に皮膚を鑷子(※1)で把持(※2)する際に丁寧に行う必要があります。

※1 せっし: ピンセット

※2 はじ:しっかり握り持つ

手術適応の見極め

内眼角距離が長く、ヒダがあり、そして鼻根部が平らな場合がよい適応です。それ以外はおすすめできません。目が中央に寄りすぎてしまい不自然になります。また、傷も目立つために、効果よりも満足度が下がってしまいます。特に鼻根部が比較的高く目頭切開を希望する方は、二重埋没や二重切開等で、目を縦に大きくみせた方が、バランスが取れ綺麗になる場合が多いので検討が必要になります。

目頭切開適応の顔イラスト

Z形成術

目頭切開術(Z形成術)

手術は局所麻酔で行います。指で目頭を形成する方向に少し引っ張り、内眼角部に不等辺Zをデザインします。長い一辺は二重瞼のラインの延長線上にデザインし、短い辺は蒙古ヒダをまたぐようにデザインします(涙丘が見えすぎないように注意します)。目頭の皮膚は非常に薄く、愛護的な操作が必要であり、それぞれのZ弁はソフトに把持し、先端が鋭利な11番メスを使用します。切開を加え、それぞれのZ弁を入れ換え(必要があればZ弁の一部を切除します)縫合します。抜糸は5日目でおこないます。

内田法:W形成術

目頭切開術(内田法;W形成術)

手術は局所麻酔で行います。指で目頭を形成する方向に少し引っ張り、内眼角部に大きさの異なる二等三角形をデザイン(基本は下よりも上が大きな二等辺三角形)します。最後にそれぞれの二等辺三角形の底辺で囲まれた三角弁を挿入する箇所をデザインします。目頭の皮膚は非常に薄く、愛護的な操作が必要であり、三角弁はソフトに把持し、先端が鋭利な11番メスを使用します。切開を加え、それぞれの二等辺三角形で囲まれた皮膚を切除します。最後に三角弁を挿入し、皮膚同士を縫合します。縫い上がりがWの形になります。抜糸は5日目でおこないます。

注意事項

抜糸前に傷の部分にお化粧をしてしまうと、化粧品の成分が針穴から入り込んでしまったり、傷が乾燥しやすくなり、傷の治りを妨げます。結果的に目立つ傷跡になってしまうので、術後3週間はお化粧を控えてください。

目の手術の後に気をつけることは、血液循環がよくなること(入浴・飲酒・激しい運動など)は2~3日は避けて下さい。コンタクトレンズの使用は、術後最低2週間避けて下さい(ハードコンタクトレンズの長期使用は眼瞼下垂の原因になる可能性があるのですすめません)。

目頭切開術を行う場合に院長が気をつけていること

目頭の皮膚は非常に薄く、手術中の操作で皮膚を痛めると、後々傷跡が目立ちます。術中操作で気をつけていることですが、以下に列挙しておきます。

① 先端が鋭利な11番メス(形成外科では先端が丸い15番メスを使用)を使って切開する

メス

写真右が11番メス。細かい切開が可能です。

② 止血の際に皮膚を痛めない

皮膚が薄いので止血により収縮し、引きつれの原因となるからです。

③ 不等辺Z形成術を行った場合に余剰皮膚は極力残す

傷は運動刺激によって拘縮(皮膚の引きつれ)する習性がありますが、皮膚に余裕があればリカバーしてくれます。

④ 抜糸までの間は軟膏を塗布し、極力湿潤環境を整えます(お化粧は禁止)

皮膚が薄いので乾燥すれば傷は収縮します。また抜糸前にお化粧すると、糸の間から化粧品の成分が入り込み、炎症を引き起こし肥厚性瘢痕(赤く盛り上がった傷)の原因になります。

ドクターメモ

目頭を覆う蒙古ヒダとは…

蒙古ヒダは別名;内眼角贅皮(ないがんかくぜいひ)といわれ、上まぶたから目頭を覆う皮膚のヒダのことです。特徴として涙丘がヒダに隠れて正面から見えなくなります。胎児に顕著に見られますが、出生前にほとんどが消えます。また乳幼児など鼻根部が隆起するまでの間に認められることがほとんどです。アジア人だけでなく、ヨーロッパの少数民族、アメリカの先住民などにも認められます。美容外科手術は、成長して鼻根部が低く、かつ内眼角距離(左右の目頭間の距離)が目の幅より長い場合に適応になります。

よくある質問

目頭切開と重瞼術(埋没法や切開法)ではどちらを先に施術したほうがよいですか?
これはケースバイケースです。しかし鼻根部が高く、目が一重あるいは奥二重の場合は、先に重瞼術を行うとよいでしょう。目が縦に大きくなり、もともと鼻根部が高いので立体感が出て目頭を切らなくても良くなるからです。一方で鼻根部が低い、あるいは平らな場合は先に目頭切開がよいでしょう。ただしもともとの重瞼ラインが変化する場合がありますので、慎重に考えましょう。
目頭切開は傷が目立つと言われているのですが、本当ですか?
本当です。皮膚が薄いこと(うすいと引きつれやすい)、デザインの誤り、皮膚の過剰な切除、“まばたき”により傷の安定がはかれないなどで目立ちます。しかしデザイン、術中の皮膚への愛護的な操作により目立たないこともできます。また抜糸前からお化粧をして隠す人が多いですが、傷口からお化粧の成分が入り込むと、創傷治癒の妨げになり炎症が長引き傷は肥厚し目立ちますので、お化粧は抜糸後医師の指示があるまで控えましょう。

リスク・副作用・合併症

■内田法;W形成術+挙筋法(埋没法)

内出血、腫脹、左右差、後戻り、両内眼角が内側寄る(目が寄る)、傷のし開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷跡が残る可能性があります)、傷の肥厚・陥凹、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

■Z形成術

内出血、腫脹、左右差、後戻り、両内眼角が内側寄る(目が寄る)、傷のし開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷跡が残る可能性があります)、傷の肥厚・陥凹、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

関連ブログ

関連施術