ページ
先頭へ

タトゥー・刺青(入れ墨)・アートメイク除去

術前 施術後3カ月 施術後7カ月

Before

After:3カ月後

After:7カ月後

治療内容

【レーザー】左手中指のタトゥー・入れ墨(刺青):1回治療

左手中指の文字タトゥーです。1回の治療ですが時間の経過とともにきれいに取れています。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

料金

◆ Qスイッチルビーレーザーによるタトゥー・刺青(入れ墨)の除去

範囲 回数 価格(税抜)
1~2cm2 1回 ¥10,000
3~5cm2 1回 ¥20,000
6~9cm2 1回 ¥30,000
10~15cm2 1回 ¥40,000
16~20cm2 1回 ¥50,000
21~24cm2 1回 ¥60,000
25~35cm2 1回 ¥70,000
36~48cm2 1回 ¥80,000
49~63cm2 1回 ¥90,000
64~80cm2 1回 ¥100,000
81~99cm2 1回 ¥110,000
100cm2以上 1回 ご相談ください

◆ Qスイッチルビーレーザーによるアートメイクの除去

内容 価格(税抜)
アイラインの除去 両側 ¥20,000
アイブロウの除去 両側 ¥30,000
追加照射  ¥1,000

◆ 切除によるタトゥー・刺青(入れ墨)の除去

内容 サイズ 価格(税抜)

1cm×¥50,000

¥50,000

1cm×¥50,000

¥50,000
植皮術(頭皮)

3cm未満

¥100,000

6cm未満

¥200,000

6cm以上

¥300,000
植皮術(頭皮以外)

6cm以上

¥300,000

タトゥー・刺青(入れ墨)の概要

各種治療方法

治療方法 Qスイッチルビーレーザー 切除治療【切除・縫合】 切除治療【植皮術】
適応する色 黒・青・濃い緑 赤や黄色などカラフルな色
(黒・青・濃い緑以外)
赤や黄色などカラフルな色
(黒・青・濃い緑以外)
メリット 傷(縫合創;縫い跡)にならない。 タトゥーの大きさによるが、小さければ1回で取り除くことができる。 タトゥーが広範囲であっても移植する皮膚があればほぼ1回で取り除くことができる。
デメリット タトゥーの色や深さなどによって、レーザーの適応がないもの、複数回の治療が必要になるものもある。 タトゥーの範囲が広い場合は切除後に皮膚欠損が大きくなるために、切除を2回に分けることもあり、そのような場合は時間とコストがかかる。

■移植された皮膚は周りの皮膚と比べ多少の色の違いが生じる。
■皮膚を採取する場所に傷跡ができる。
■コストがかかる。
※当院では頭から皮膚を採取するため新しく傷跡は残りません。なお、頭から皮膚を採取しても毛根は温存されるために禿げません。

その他 ■外傷性刺青(怪我などで土やアスファルト片が皮膚の下に入り込み、刺青のような状態になっているもの)
■アートメイク
レーザー治療も可能だが、本人の希望により一度で取り除きたい場合には切除治療を提案しています。
※最近では赤や黄色などカラフルな色のタトゥーを治療できるといわれる“ピコレーザー”が登場しましたが、まだまだ確立された治療までは到達していません。

色がレーザー適応外で範囲が広すぎる場合

タトゥーの色がレーザーの適応外で、範囲が広すぎるような場合は、切除治療しか方法はないのですが、一度に切除しても範囲が広すぎて縫合できません。また、腕や足のタトゥーも切除して無理に縫合すると、重要な神経や血管が圧迫され腕や足に機能障害を引き起こします。そのような場合は植皮術を行います。植皮術とは、身体の一部の皮膚を皮膚が切除された部位に移植する方法です。どの部位の皮膚を採取するかは、皮膚の厚さや色調などを考慮して選択します。
当院の植皮術は、頭皮から皮膚を採取して行います。頭皮からの皮膚は、厚さ、色調ともに非常に良く、何度も採取でき、採取した部位からは髪の毛も生えてきますので身体に傷がつかないという最大のメリットがあります。

植皮術を希望された男性患者の右手小指のタトゥー切除

ドクターメモ

タトゥー・刺青(入れ墨)はまだまだ日本社会に認められていない!?

欧米ではタトゥーはファッションの一部です。サッカー選手などは自分の子供の名前を入れたりします。しかし、日本では『タトゥー=好ましくない』というイメージが先行していて、公衆浴場、プール、スポーツクラブなど公共の施設への入場を拒否されることや、就職、結婚、出産などが機会となり「タトゥーを取りたい」と言って来院される方が多いです。

タトゥー・入れ墨(刺青)

タトゥー・刺青(入れ墨)をいれることは安全?消すのは大変?

タトゥー・入れ墨(刺青)を入れる場合には、手彫り機械を問わず、針を使用します。タトゥー・入れ墨(刺青)をおこなうことで、HCVやHIVなどの感染症にかかる可能性があります。また、タトゥーは紙に書いた字や絵のように、消しゴムなどで簡単に消せるようなものではありません。プロの彫り師は均一に墨を入れますが、彫り師の技量により時間と費用がかかります。安易に入れるのではなく、そういったデメリットがあることもよく知っておきましょう。

症例写真

リスク・副作用・合併症

■Qスイッチルビーレーザー

内出血、発赤、疼痛、炎症性色素沈着、色素脱失、感染、水疱形成、火傷、傷の肥厚・陥凹、ケロイド形成、自分が想像していた結果(入れ墨が取れないなど)と異なるなどが考えられます。

■単純縫縮術

内出血、腫脹、傷が開く、糸が出てくる(埋没縫合した糸がでてくることがある)、縫合糸膿瘍、テープ(傷の安静をはかるためのテープ固定)かぶれ、傷が長くなる、ドッグイヤー(傷跡の両端が盛り上がる)、傷の肥厚・陥凹、修正前より目立つ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

■皮弁作成術

内出血、腫脹、傷が開く、皮弁壊死、糸が出てくる(埋没縫合した糸がでてくることがある)、縫合糸膿瘍、テープ(傷の安静をはかるためのテープ固定)かぶれ、傷が長くなる、ドッグイヤー(傷跡の両端が盛り上がる)、傷の肥厚・陥凹、修正前より目立つ、部位によっては可動域制限、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

■植皮術

内出血、腫脹、植皮片の生着不良・収縮・色素沈着、感染、創傷被覆材(植皮片の収縮予防のため)のかぶれ、部位によっては可動域制限、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。 また皮膚採取部は感染、疼痛、色素沈着、肥厚性瘢痕(頭皮では脱毛)、ケロイド形成などが考えられます。

■組織拡張術

内出血、腫脹、発赤、疼痛、感染、傷が開く、糸が出てくる(埋没縫合した糸がでてくることがある)、縫合糸膿瘍、テープ(傷の安静をはかるためのテープ固定)かぶれ、傷が長くなる、ドッグイヤー(傷跡の両端が盛り上がる)、傷の肥厚・陥凹、ケロイド形成、自分が想像していた結果(入れ墨が取れないなど)と異なるなどが考えられます。またティシューエキスパンダー(組織拡張器)の破損、拡張器による感覚鈍磨などが考えられます。

関連ブログ

関連施術