ページ
先頭へ

下眼瞼脂肪再置換(ハムラ法)

施術カテゴリー

下眼瞼脂肪再置換(ハムラ法)とは

目の下の凹みの解剖図イラスト

ハムラ法は眼窩脂肪再置換と言って、目の下の凹みに目の下の脂肪(眼窩脂肪)を移動して、凹みを改善させる方法です。下まぶたには3つ(上まぶたには2つ)の区切られた部屋があります。この下まぶたの主に内側(目頭側)と真ん中の2つの部屋から眼窩脂肪を切り離さない状態(有茎)で移動させ、凹みを改善します。

手術適応の見極め

手術適応の見極めの目の下のしわ・たるみイラスト

・下まぶたに眼窩脂肪による膨らみやクマがあり、シワがあまり目立たない場合。

・下まぶたに眼窩脂肪と皮膚によるたるみがあり、その下に凹みを認めた場合。

眼窩脂肪+たるみ+凹み → 『眼窩脂肪再置換(ハムラ法)』

ただし凹みがない場合、最終的には診察しての判断になりますが、経結膜下脱脂法や下眼瞼除皺術の適応になります。

眼窩脂肪+たるみ+シワが目立たない → 『経結膜下脱脂法』

眼窩脂肪+たるみ+シワが目立つ → 『下眼瞼除皺術』

方法

ハムラ法

 手術は局所麻酔で行います。睫毛から約2mm下の皮膚を切開します。

ハムラ法

 眼輪筋上を剥離し、眼輪筋の下縁から眼窩隔膜を露出します。

1週間後に抜糸

 眼窩隔膜を切開して、内側(目頭側)と真ん中の2つの部屋から眼窩脂肪を切り離さずに移動します。そして下方(凹んだ箇所の直下)に向かって扇型に広げ、固定します。

ハムラ法

 眼輪筋弁を作成し、外側に向かって引き上げ、骨膜に固定します。

ハムラ法

 最後に余った皮膚を切除します。
※皮膚切除の際には、外反(アカンベー変形)防止のために口を大きく開けてもらい、皮膚に余裕があるかを確認して切除します。

1週間後に抜糸

 縫合して終了です。抜糸は術後5~8日目で行います(抜糸の時期は医師の判断により異なります)。

術後に注意すること

目の周囲は血管が豊富で、皮膚が薄く腫れやすいので、以下の事に気をつけてください。

  • 術後2~3日は血液循環がよくなること(入浴・飲酒・激しい運動など)は避けてください。
  • 術後最低3週間はコンタクトレンズの使用を避けてください(ハードコンタクトレンズの長期使用は、眼瞼下垂の原因になる可能性があるのですすめません)。
  • 術後3週間はお化粧を避けてください。こするなどの刺激により、傷が汚くなるのを避けるためです。

料金

下眼瞼脂肪再置換(ハムラ法) ¥495,000

よくある質問

裏ハムラという方法がありますが、ハムラ法と何が違うのですか?

裏ハムラ法は経結膜的に脂肪を再置換する方法です。

下まぶたの皮膚の表面に傷がつかないのが裏ハムラ法のメリットです。しかし術野が狭く直視下で確認できないため、ハムラ法のように狙った位置に脂肪を固定できない場合があります。
また脂肪再置換を行って陥凹部が改善されると、もともと脂肪が存在していた部分の皮膚が余ってしまいます。余った皮膚は取り除くべきですが、裏ハムラ法では皮膚を切開しないため、下まぶたの裏側から取り除けません。そのため当院では裏ハムラ法は行っていません。

ドクターメモ

脂肪はゴルゴ線までは届かない

「ゴルゴ線をハムラ法で改善できないか?」という質問をよく受けます。下眼瞼脂肪再置換(ハムラ法)は、脂肪弁を切り離さない状態で脂肪を移動させます。しかしその可動域には限界があり(脂肪弁が届く範囲は目の下の凹みまでで、ゴルゴ線までは届きません)、むやみに引っ張ると脂肪弁がちぎれてしまいます。そのためゴルゴ線の改善は下眼瞼脂肪再置換(ハムラ法)ではなく、ヒアルロン酸注入で行います。

また当院では脂肪注入も行っていません。それは以下の2つの理由からです。

1 取り出した脂肪は異物であり、約40%は吸収されてしまう。

2 脂肪が均等に吸収されるか不確定であり、術後に凹凸が出る可能性がある。

リスク・副作用・合併症

内出血、腫脹、結膜出血、左右差、しわが増える、下眼瞼隆起・陥凹、流涙(涙が流れない)、下眼瞼外反、瘢痕形成(傷跡が残る可能性があります)、目尻側にドッグイヤー(傷跡の端が盛り上がる)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

関連施術