ページ
先頭へ

フェイスリフト SMAS法

施術カテゴリー

フェイスラインのたるみを改善した症例

頬の『深いシワ』や『たるみ』、フェイスラインや首のたるみなどを解消したい場合、高周波や超音波による肌の引き締め治療や糸によるリフトアップ治療では、残念ながら根本的な改善は難しいと考えます。『たるみ』を根本的に解消するためには、頬のSMAS(スマス;表情筋の筋膜)を引き上げ、余った皮膚を取り除く必要があります。手術に抵抗がある、予算面で厳しいなどの理由でハードルが高いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、たるみ治療の選択肢として「フェイスリフト」は効果的です。

症例写真

症例名40代女性のフェイスリフト(SMAS法)

施術前 施術後 施術後

Before

After (1週間後)

After (2カ月半後)

症例解説

頬、フェイスライン、下アゴのたるみが目立ちます。フェイスリフト(SMAS法)によって、頬、フェイスライン、下アゴのたるみが改善し見た目年齢が5歳程度若返っています。

◆リスク・副作用・合併症

フェイスリフト

内出血、腫脹、左右差、感染、後戻り、頭痛、顔面神経麻痺、もみあげの後退、毛根の損傷、脱毛症、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、耳垂の感覚鈍磨、耳珠・耳垂の変形、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

料金

フェイスリフト SMAS法 ¥1,100,000

※手術の費用の中には、手術料金・麻酔料金・投薬料金・術後処置料金・再検診料金等含まれております。
お見積もり以上の請求などは一切ございませんのでご安心ください。

※年齢・引き上げる程度によって料金に変動があります。カウンセリング時に必ずお見積書をお出ししております。

フェイスリフトSMAS法の概要

適応

日本人をはじめとするアジア人は、皮膚が厚く伸縮性が乏しいため、欧米人に比べ老けにくい(たるみにくい)と言われています。そのため年齢を重ね、たるみが出てきた場合に、フェイスリフトSMAS法を行っても、欧米人ほど劇的な変化は望めない場合があります。またフェイスリフトには、劇的な効果を狙ったリガメント法など多数の術式もありますが、他の老化部分とのバランスが崩れ、不自然になります。当院では「年齢より5歳程度若く見える引き上げ」が自然な仕上がりになると考えています。
そのため適応は比較的年齢が高く、肌のハリが乏しい、深いシワやたるみが目立つ場合などです。

◆加齢による変化

  • ・肌のハリが乏しい、ハリがなくなった
  • ・頬、フェイスライン、首もとのたるみが目立つ
  • ・深いほうれい線
  • ・マリオネットライン(口もとから下顎にかけてでてくるシワ;腹話術の人形の口もとに似ていることからこう呼ばれます)の出現

◆二次的なたるみ

  • ・急にやせて生じたたるみ、ダイエットで生じたたるみ
  • ・エラボトックスの打ち過ぎによるたるみ
  • ・頬や顎の脂肪吸引やバッカルファット除去後のたるみ
  • ・下顎の骨切術(エラ削り)、頬骨の骨切術後に生じた皮膚のたるみ

◆その他

  • ・高周波や超音波治療を行ったが改善しなかったたるみ
  • ・糸によるリフトアップで改善しなかったたるみ

フェイスリフトの種類について

たるみの程度によってミニリフト、ミドルリフト、フェイスリフトが適応になります。3種類ともSMASを引き上げますが、剥離・切開範囲が異なります。 範囲の違いについては右画像の一覧をご参照ください。(クリックで拡大)

ミニリフトはこちら

ミドルリフトはこちら

↑クリック↑

「手術は嫌…」切らない、たるみ予防治療もあります

たるみが気になってきたけれど手術に抵抗がある場合、たるみの予防、肌の引き締めを希望される場合にテノール(高周波治療)を行っています。

テノール(高周波治療器)はこちら

テノール

切らないお肌の引き締め治療

フェイスリフトSMAS法の方法・手順

 切開線をデザインします。側頭部~耳前部~耳垂~耳垂後部へと連続した曲線にします。耳垂部と耳介後面は傷のひきつれ(拘縮;こうしゅく)予防のため、Cカーブにします。

 皮下剥離範囲のデザインは耳前部を中心に切開部より2~4横指とします。手術は局所麻酔で行います。デザイン通りに切開し、皮膚をSMAS上で剥離します(皮下剥離)。

 SMASの切開・剥離・引き上げを行います。ベッドを起こし引き上げ具合を確認してもらいます。

 引き上げ具合に問題がなければ、SMASの引き上げによって余った皮膚を切除し縫合します。抜糸は7日目で行います。

傷跡の経過

■症例① 経過

施術前 施術後 施術後

施術後1カ月半

施術後10カ月

施術後1年3カ月

施術後1カ月半で傷はまだ赤いですが、1年経過するとほとんど目立たなくなっています。

■症例② 経過

施術前 施術後

施術後1カ月半

3カ月後

施術後1カ月半で傷はまだ赤いですが、この症例の場合は3カ月経過するとほとんど目立たなくなりました。

※傷はなくなることはありません。個人差はありますが、次第に目立たなくなっていきます。

施術の流れ

施術の流れ

手術後の注意事項

手術当日はイラストのようにV字型にテープで固定します。これは非常に重要で、剥離し引き上げた皮膚をSMASと瘢痕性に癒着させて固定する目的があります。

※術後1カ月まではV字型に固定し、術後3~6カ月間は耳前部のみテープで固定します。

フェイスマスク
  • 夜間のみクリニックで販売しているフェイスマスクを装着していただきます。
  • 術後2~3日間は、入浴・飲酒・激しい運動などの血液循環がよくなることは避けてください。
  • 翌日からシャワーは可能ですが、防水テープやシャワーキャップなどを使用して傷が濡れないように工夫してください。

よくある質問

フェイスリフト(SMAS法)や他の施術との違いは?

各治療を比較しました。

高周波治療器 糸によるリフトアップ フェイスリフト ミドルリフト ミニリフト
高周波・超音波治療
○メニューあり
糸によるリフトアップ
×メニューなし
フェイスリフト(SMAS法)
○メニューあり
ミドルリフト(SMAS法)
○メニューあり
ミニリフト(SMAS法)
○メニューあり
適応 肌の引き締め
たるみ予防
・頬
・フェイスライン
・首のたるみ
・深いほうれい線
(マリオネットライン・ブルドック変形)
・頬
・フェイスライン
・首のたるみ
・深いほうれい線
(マリオネットライン・ブルドック変形)
・フェイスライン
・首のたるみ
・老化予防
・フェイスライン
・首のたるみ
・老化予防
麻酔 麻酔をしない。
もしくは照射部全体に麻酔クリームを塗布
針の刺入部・糸を挿入する範囲に局所麻酔を行う 切開部・剥離範囲に局所麻酔を行う 切開部・剥離範囲に局所麻酔を行う 切開部・剥離範囲に局所麻酔を行う
痛み 麻酔時 細い針(27G)で挿入するが多少の痛みは伴う 細い針(27G)で挿入するが多少の痛みは伴う 細い針(27G)で挿入するが多少の痛みは伴う 細い針(27G)で挿入するが多少の痛みは伴う
施術中 器機の種類、強さにより痛みを感じる場合あり。その程度は個人差あり 施術中の痛みはなし。
麻酔の持続時間は個人差がある。持続時間が短い場合は、局所麻酔を追加しコントロールする
施術中の痛みはなし。
麻酔の持続時間は個人差がある。持続時間が短い場合は、局所麻酔を追加しコントロールする
施術中の痛みはなし。
麻酔の持続時間は個人差がある。持続時間が短い場合は、局所麻酔を追加しコントロールする
施術中の痛みはなし。
麻酔の持続時間は個人差がある。持続時間が短い場合は、局所麻酔を追加しコントロールする
施術後 器機の種類、強さにより痛みがある場合あり。その程度は個人差あり。鎮痛剤を使用する必要はないレベル 当日の痛みはあるが、その程度は個人差あり。
鎮痛剤で抑えられる程度の痛み
当日の痛みはあるが、その程度は個人差あり。
鎮痛剤で抑えられる程度の痛み
当日の痛みはあるが、その程度は個人差あり。
鎮痛剤で抑えられる程度の痛み
当日の痛みはあるが、その程度は個人差あり。
鎮痛剤で抑えられる程度の痛み
施術時間 30分~
部位や治療の種類により変わる。
1時間程度(各施設による) 2時間30分~3時間 1時間30分~2時間 1時間30分~2時間
腫れ ほとんどなし
(個人差あり)
腫れる可能性がある。
手術と違ってブラインド操作となり、止血ができないため
多少腫れる場合あり。
止血を徹底することで予防できる。フェイスラインがシャープになるため、相対的に腫れたようにみえる(個人差あり)
剥離範囲が少ないため、ほとんど腫れない 剥離範囲が少ないため、ほとんど腫れない
内出血 赤みは生じるが内出血はほぼなし
(個人差あり)
内出血の可能性がある。
手術と違ってブラインド操作となり、止血ができないため
内出血が生じる場合は、目尻、耳前部、また重力の影響で両サイドの頸部に出やすい(個人差あり) 内出血が生じる場合は重力の影響で両サイドの頚部に出やすい 内出血が生じる場合は重力の影響で両サイドの頚部に出やすい
傷跡 なし 傷は針の刺入部だけ。糸を挿入する層が浅すぎると皮膚表面に陥凹が生じる 傷の長さは長い。こめかみ~耳前部~耳垂後面にかけて。
個人差はあるが傷跡は目立たなくなる(約3~6カ月)
傷の長さはフェイスリフトとミニリフトの中間の長さ。耳前部~耳垂後面にかけて。
個人差はあるが傷跡は目立たなくなる(約3~6カ月)
傷の長さは短い。耳前部~耳垂後面にかけて。
個人差はあるが傷跡は目立たなくなる(約3~6カ月)
術後ケア 洗顔、入浴、化粧は当日から可能。
保湿、日焼け予防をする
各施設に準ずる ■抜糸まで
創傷被覆材(カラヤ)とマイクロポアテープ(3M)固定
※毎日交換。夜間のみフェイスリフトマスク装着
■抜糸後術後1カ月
耳前部~耳垂後面にマイクロポアテープ(3M)固定
■術後1カ月~6カ月
耳前部のみマイクロポアテープ(3M)固定
■術後1カ月~6カ月
耳前部のみマイクロポアテープ(3M)固定
※3日に1回交換
■抜糸まで
創傷被覆材(カラヤ)とマイクロポアテープ(3M)固定
※毎日交換。必要があれば夜間のみフェイスリフトマスク装着
■抜糸後~術後1カ月
耳前部~耳垂後面にマイクロポアテープ(3M)固定
■術後1カ月~6カ月
耳前部のみマイクロポアテープ(3M)固定
■術後1カ月~6カ月
耳前部のみマイクロポアテープ(3M)固定
※3日に1回交換
■抜糸まで
創傷被覆材(カラヤ)とマイクロポアテープ(3M)固定
※毎日交換。必要があれば夜間のみフェイスリフトマスク装着
■抜糸後~術後1カ月
耳前部~耳垂後面にマイクロポアテープ(3M)固定
■術後1カ月~6カ月
耳前部のみマイクロポアテープ(3M)固定
■術後1カ月~6カ月
耳前部のみマイクロポアテープ(3M)固定
※3日に1回交換
効果・満足度 肌の引き締めを目的に行う場合は効果的。あくまで肌の引き締めなので、たるんだ皮膚自体はなくならない。過剰な期待は禁物。 高周波・超音波に比べるとリフトアップ効果は実感しやすい。皮膚切除やSMASectomyを行わないので根本的なたるみの改善は難しい。過剰な期待は禁物。 皮膚切除やSMASectomyを行うために、たるみの根本的な改善が期待できる。たるみ治療としての満足度は実感しやすい。 皮膚切除やSMASectomyを行うために、たるみの根本的な改善が期待できる。たるみ治療としての満足度は実感しやすい。 皮膚切除やSMASectomyを行うために、たるみの根本的な改善が期待できる。たるみ治療としての満足度は実感しやすい。
治療回数 ある程度効果を維持させるには定期的な照射が必要とされるが回数は本人の満足度次第。
※当院では効果を実感し、本人が希望すれば2回目を行う。
効果は数カ月~1、2年と報告されている。後戻りを予防する場合は定期的な糸の挿入が必要になる 一般的に1回で終了
※加齢と共にたるみが生じてくれば同じ切開線から手術は可能
一般的に1回で終了
※加齢と共にたるみが生じてくれば同じ切開線から手術は可能
一般的に1回で終了
※加齢と共にたるみが生じてくれば同じ切開線から手術は可能
価格
(税込)
高周波;1回¥26,400前後
超音波(HIFU);1回¥220,000前後
※エステと医療機関では器機・効果は異なる
1本;¥33,000~¥55,000
糸を左右の頬に各2~6本挿入するために挿入する本数によって価格は大きく変動する。
※糸の種類にもよる。吸収される糸の他に吸収されないものもある
参考:当院価格
¥1,100,000
(たるみの程度による)
※局所麻酔代・内服代・その後の検診代含む
参考:当院価格
一律¥550,000
※局所麻酔代・内服代・その後の検診代含む
参考:当院価格
一律¥440,000
※局所麻酔代・内服代・その後の検診代含む

ドクターメモ

余った皮膚はどこにもいかない

よく「糸のリフトアップで、たるみは取れますか」と質問されます。糸によるリフトアップにはコツがあり、慣れている医師が行うと引き締まります。しかし“引き締まる” と “たるみが取れる” とは、似て非なるものです。
糸で引き上げても、皮膚がなくなるわけではありません。引き上げすぎると、どこかで皮膚が余ってしまうので、それを取り除く必要があります。
当院では、たるみがあるけれど手術に抵抗がある場合は高周波治療で肌の引き締めを行い、より効果的にたるみを取りたいと手術を決断された方には、SMAS法によるリフトアップを行っています。

エラ削り・脂肪吸引・バッカルファット除去・エラボトックスを行うと皮膚はどうなるか

人間の顔は皮膚・脂肪・筋肉・骨で構成されています。皮膚の下の脂肪や骨などの組織を手術で取っても、皮膚の表面積は変わらないため皮膚はたるみます。プロレスラーのマスクを皮膚だと仮定しましょう。大きな顔のレスラーのマスクを小さな顔のレスラーがかぶるとどうなるでしょうか? …ブカブカですよね。マスクが小さな顔にあわせて縮むということはありえません。つまり皮膚・脂肪・筋肉・骨の全てが同時に小さくならなければ、どこかにひずみが生じるわけです。ではそれぞれの施術がどのように影響するのか下記に示します。

◆エラ削り
土台を削るため、皮膚がたるむ可能性があります。

◆脂肪吸引やバッカルファット除去
特に顔の脂肪吸引では瘢痕性に癒着するとはいえ、膨らみが減るため、皮膚がたるむ可能性があります。

◆エラボトックスの“打ち過ぎ”
咬筋の廃用性萎縮(過度な活動量の低下などにより、筋肉が萎縮すること)を引き起こすので筋肉がやせ、皮膚がたるむ可能性があります。

リスク・副作用・合併症

内出血、腫脹、左右差、感染、後戻り、頭痛、顔面神経麻痺、もみあげの後退、毛根の損傷、脱毛症、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、 ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、耳垂の感覚鈍磨、耳珠・耳垂の変形、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

関連ブログ

関連施術