ページ
先頭へ

眉下切開術

施術カテゴリー

症例写真

施術名ROOF除去+眉下切開術

施術前 施術後5カ月

Before

After(5カ月後)

施術直後

2カ月後

5カ月後

施術直後

2カ月後

5カ月後

症例解説

眉毛下縁を切開し、上瞼のたるみを除去しました。眉毛下は傷跡が目立つことがありますが、5カ月後の経過では眉毛に隠れ、あまり目立ちません。

◆リスク・副作用・合併症

ROOF除去術+眉下切開術

内出血、腫脹、左右差、脂肪を除去した部分の陥凹、不整な重瞼線、不整な瞼縁(アーチ)、低矯正(目の開きが悪い)、過矯正(目が開きすぎる)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、 真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、毛根の損傷、眉毛の脱毛、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

料金

眉下切開術 両側 ¥385,000

眉下切開術の概要

上まぶたの皮膚のたるみを除去する『上眼瞼皮膚切除』は、もともとの重瞼ラインをまたぐように切開し、その部分が新しい重瞼ラインになります。
『眉下切開術』は眉毛下縁を切開し、たるみを除去します。そのためもともとの重瞼ラインは温存され、上まぶたがリフトアップされます。ただ眉下を切開するので、傷が目立ちます。女性はお化粧で隠すことができますが、男性が傷を隠すことはなかなか難しいため、術後の注意などを踏まえた上でよく検討しましょう。

上まぶたのたるみ

手術適応の見極め

  • 皮膚にたるみがある
  • 重瞼ラインがたるみによって隠れている
  • 眼瞼下垂ではない
  • まつ毛から眉毛までを側面から見たときに、前方に出ている(サンケンアイではない)

※皮膚にたるみがあり重瞼ラインが隠れている場合で、かつ坐位で挙筋機能を測定し、挙筋機能が正常(正常値13~15mm)範囲内、さらにサンケンアイでなければ適応になります。

※ルーフが原因であれば“眉下切開術”に“ROOF除去術”が必要になります。ルーフ除去術の詳細はこちら

眉下切開術(上眼瞼リフト)適応の目

方法

下まぶたのシワとたるみ

 眉下(眉毛の生え際)に沿って外側がやや広めの紡錘(ぼうすい)形(両端が細くなった円柱形)、あるいは平行四辺形で皮膚を切除するデザインとします。毛根を傷つけないようにメスの角度に注意しながら、皮膚切開を加えます。

眼輪筋上を剥離

 皮膚と眼輪筋を一部切除し、立位にて重瞼ラインがきれいにできているか確認します。

外側で眼輪筋弁

 最後に真皮、表皮と順にナイロン糸で縫合し、終了です。抜糸は術後5~8日目で行います(抜糸の時期は医師の判断により異なります)。

術後の注意

目の周囲は血管が豊富です。そのため手術後は重力によって、眉下周囲よりも目の上が腫れやすく、注意が必要です。また眉下は傷が目立ちやすいので、以下のことに気をつけてください。

  • 術後2~3日は血液循環がよくなること(入浴・飲酒・激しい運動など)は避けてください。
  • 術後最低3週間はコンタクトレンズの使用を避けてください(ハードコンタクトレンズの長期使用は、眼瞼下垂の原因になる可能性があるのですすめません)。
  • 術後3週間はお化粧を避けてください。こするなどの刺激により、傷が汚くなるのを防ぐためです。

ドクターメモ

眉下切開術は傷が意外に目立つ

「眉毛の下を切れば、お化粧で隠せるので傷は目立たない」と言われて眉下切開術を受け、傷が目立つために修正を希望される方が少なくありません。メイクをとると目立つので、修正を希望されるのだと思います。
頭髪と違って眉毛は短いため、傷あとがうまく隠れません。そのため当院では、まぶたのたるみに対しては上眼瞼皮膚切除を第一選択としています。 ただしもともとの重瞼ラインを気に入り、重瞼ラインを新しく作りたくない場合は眉下切開術を選択します。

リスク・副作用・合併症

内出血、腫脹、左右差、不整な重瞼線、不整な瞼縁(アーチ)、低矯正(目の開きが悪い)、過矯正(目が開きすぎる)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が残る可能性がある)、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、毛根の損傷、眉毛の脱毛、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

関連施術