ページ
先頭へ

二重まぶた(全切開・黒目拡大)

症例写真

施術名全切開による重瞼術

施術前 術後5カ月

Before

5カ月後

~ この症例の経過 ~

施術前 術後5カ月

Befor

5カ月後

施術前閉瞼 術後5カ月閉瞼

Before (閉瞼)

5カ月後 (閉瞼)

施術前 1カ月後 術後5カ月

Before

1カ月後

5カ月後

施術前閉瞼 1カ月後閉瞼 5カ月後閉瞼

Before (閉瞼)

1カ月後 (閉瞼)

5カ月後 (閉瞼)

院長の症例解説

術前解説

重瞼ラインが明瞭ではなく、少し眠そうな印象がありました(眼瞼下垂はなし)。

手術解説

局所麻酔下にて全切開による重瞼術を行いました。
両眼瞼ともに瞼縁から重瞼ラインは7mmで切開、幅2.5mmの皮膚を切除しました。眼輪筋は切除していません。眼窩隔膜をhingeして睫毛側皮下(眼輪筋)に数カ所固定し、重瞼ラインの引き込みを作成しました。

術後解説

術後1カ月の開瞼では、重瞼ラインは高く腫れていますが瞼縁のアーチは綺麗です。閉瞼では、傷はまだ赤く少し肥厚しています。
術後5カ月の開瞼では、カラーコンタクトは入っていますが、重瞼ラインの高さが下がり目頭から目尻まで明瞭になりました。また瞼縁のアーチはとても綺麗です。閉瞼では、凹みもなく傷も綺麗です。全体的に眠そうな印象はなくなりました。

◆リスク・副作用・合併症

二重まぶた全切開法

内出血、腫脹、左右差、浅い重瞼線、固定糸が外れラインが薄くなる、深い重瞼線、 不整な重瞼線(予定外重瞼線)、不整な瞼縁(アーチ)、開瞼抵抗、 目の開きが悪い、目が開きすぎる、角膜炎、ドライアイ、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、 中縫いの糸が出てくることがある、縫合糸膿瘍、 眼瞼痙攣、抑うつ・不眠など自立神経症状、頭痛、目の奥の痛み、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

料金

二重まぶた(全切開) 両側 ¥297,000
二重まぶた(全切開)挙筋腱膜固定術:黒目拡大 両側 ¥330,000

二重まぶた切開法の概要

■二重まぶたの構造図

二重まぶたの構造図

■切開法による二重まぶた

切開法の場合、目を開けると内側にラインが引き込まれ、きれいな二重になります。ラインの引き込みは、目を開けると上眼瞼挙筋が収縮し、眼輪筋の一部と糸で固定した挙筋腱膜、もしくは眼窩角膜に運動が伝わることで起こります。

埋没法?それとも切開法? 手術適応の見極めについて

埋没法と切開法の手術適応見極めイラスト
  • 当院では原則、埋没法(挙筋法もしくは瞼板法)を二重まぶた施術の第一選択としています。なぜかというと万一満足できる結果が得られなかったとき、元に戻せるからです。
  • 切開法はデザイン・幅などを術前にしっかりと検討し、患者様と医師がイメージを共有して行います。またダウンタイムが埋没法と比べて長いため、術後に休みを取れるなど日程に余裕があるタイミングで行うのがよいでしょう。
  • 「埋没だと取れやすいから」という理由で、安易に切開を希望して術後に後悔する方が最近とても増えています。切開法の修正は難しくなるので、よく検討しましょう。

以下の場合は全切開の適応になります。

  • ① 完全な一重まぶた
  • ② 上まぶたの皮膚が分厚い
  • ③ ルーフや眼窩脂肪が原因で、埋没法を行っても重瞼ラインを作ることが難しい
  • ④ 過去に何度か埋没法を行ったが、ゆるんだ・外れたなどの既往がある
  • ⑤少し下垂があり黒目を大きく見せたい、睫毛の生え際を見せたい

※①の場合は眉下切開が適応になる場合もあります

方法・手順

手術は局所麻酔で行います。一般的には瞼縁から通常6~7mmの高さで切開します(皮膚を数mm切除する場合があります)。眼輪筋の間を剥離して切除はせず、眼窩隔膜を露出します。

① 通常はこの眼窩隔膜を切開しhinge(折り返して)させ眼輪筋の一部と縫合し二重の引き込みを作ります。

② 黒目拡大術は眼窩隔膜の間を更に剥離し、挙筋腱膜を露出します。特に一重瞼の場合は、横走靱帯が分厚いために外側を切離して、挙筋腱膜の可動性をあげ眼輪筋の一部と縫合し二重の引き込みを作ります。最後に眼輪筋同士、皮膚同士を縫合します。抜糸は5日目でおこないます。

術後に注意すること

目の周囲は血管が豊富で、皮膚が薄く腫れやすいので、以下の事に気をつけてください。

  • 術後2~3日は血液循環がよくなること(入浴・飲酒・激しい運動など)は避けてください。
  • 術後最低3週間はコンタクトレンズの使用を避けてください(ハードコンタクトレンズの長期使用は、眼瞼下垂の原因になる可能性があるのですすめません)。
  • 術後3週間はお化粧を避けてください。中で固定した糸が外れて「重瞼ラインが浅くなる」「傷跡が汚くなる」ことがあります。

手術後の予定外重瞼線とは?

二重全切開・眼瞼下垂の術後に、
新たな重瞼線の上に別の重瞼線ができること

サンケンアイ(目の上の凹みが軽度~重度の状態)に対し、二重全切開、眼瞼下垂手術を行うと、瘢痕性に癒着して新たな重瞼線が形成されます。しかし上眼瞼挙筋の力が弱い場合、重瞼線を形成する瘢痕の癒着が緩い場合など、重瞼線の上(頭側方向)に別の重瞼線ができて“三重まぶた”のように見えます。これを予定外重瞼線(予定外線)と呼びます。
予定外重瞼線は加齢によって起こることもあります。また埋没法や瞼の上の脂肪(ROOFや眼窩脂肪)を取り過ぎた場合にも起こりうるので、術前にしっかり説明を受けるようにしましょう。

予定外重瞼線
予定外重瞼線は消えずに定着してしまう場合があります

通常、術後数週間経てば、瞼縁と作成した重瞼線との間の腫れが引き、重瞼線が下がるため予定外重瞼線は消失します。しかし自然消失せず、そのまま定着してしまうこともあります。自然消失が難しそうだと思われる場合は、手術終了時に「袋とじ」という処置で、予定外重瞼線を予防します。また抜糸後でも予定外重瞼線の可能性がある場合、「袋とじ」を行うことがあります。

予定外重瞼線は「袋とじ」で修正します

「袋とじ」の方法

糸をかける

 手術直後に開瞼を行い、予定外重瞼線の位置を特定して、そこを挟むように複数箇所に糸をかけます。

ボルスター固定

 新しい重瞼線の上に折れぐせがつかないように、ボルスター固定を行います。

1週間後に抜糸

 1週間後に抜糸します。

まぶたの手術後のクーリングについて

まぶたの手術をした後、内出血、腫れ、痛みが生じる場合があります。多くのクリニックで「傷あとを冷やすとよい」と指導されているように、クーリングは痛みの軽減や血管収縮の効果が実証されています。
ウォーキングなど軽い運動はかまいませんが、熱い湯につかる、サウナに入るなどの行為は、腫れや内出血をひどくする可能性があるので、避けてください。

よくある質問

全切開をした後に埋没法でラインを変更することはできますか?

二重のラインを下げることは難しいです。

診察しての判断となりますが、難しいでしょう。瞼縁から新しいラインで切開し、切開線の下を剥離して行うなど、方法はあります。しかし埋没は切開線に負けますし、確実性に乏しいので、やはり難しいと考えたほうがいいでしょう。

花粉症なのですが、目の手術をしても大丈夫ですか?

無理に行うとダウンタイムが長くなる心配があります。

「目にかゆみがある」「まぶたが腫れる」など、花粉症の症状がある場合、手術時期をずらしてもらう場合があります。無理に行うとダウンタイムが長くなって、精神的にも負担がかかると考えるからです。コンディションが整うまで、待つことも大切だと思います。

ドクターメモ

一重まぶたと二重まぶたの違い

【 一重まぶた 】
重瞼ラインが自然に形成されない

横走靱帯が太く強く、開瞼の邪魔をするため“引き込み”が起こりにくいのが一重まぶた。完全な一重まぶたの場合、埋没法では横走靭帯の処理ができず、糸に負荷がかかり維持しにくいでしょう。そのため切開法を選択したほうがよいかもしれません。

【 二重まぶた 】
引き込みが容易にでき、ラインが形成されやすい

横走靱帯が細く弱く、“引き込み”が容易にできるため、重瞼ラインが形成されやすく開瞼もしやすいのです。

切開法で作成した重瞼ラインが、シミュレーションより上方に見えるわけ

切開法の場合、眼窩隔膜や挙筋腱膜を皮下(眼輪筋)に糸をかけて引き込みを作り、重瞼ラインを作成します。閉瞼時は、術前にシミュレーションしたラインと重瞼ラインが一致します。しかし開瞼時は、この引き込みが上後方に向かうので、術前のシミュレーションしたラインよりも重瞼ラインが上方に位置しているように見えます。
とくに術直後から数週間は睫毛から切開線までが腫れるため、重瞼ラインがかなり上に作られたように見えてしまい、患者さんは不安になります。しかし数週間~数カ月かけて、この重瞼ラインは徐々に下がり、開瞼時でも術前にシミュレーションしたラインと重瞼ラインが一致してきますので、ご安心ください。

埋没法と同じラインの高さで切開すると、重瞼ラインは上に見える

埋没法の施術歴のある患者様から「今のラインが気に入っているので、埋没法と同じラインで切開してください」と言われることがあります。しかし埋没法と切開法では、開瞼時の引き込みの強さが異なります。そのため埋没法と同じラインで切開すると、閉瞼時はほぼ同じでも開瞼時はラインが上方に位置しているように見えてしまいます(理由はドクターメモ2を参照)。 時間が経過して腫れが引くとラインは下がってきますが、埋没方と同じラインまで下がることは、ほぼありません。
そのため患者様から「埋没法と同じラインで」というご要望があった場合は、埋没により作成されたラインより少し下を切開することで調整しています。

全切開の修正について。
現状の重瞼ラインより上にするのは容易だが、下にするのは難しい

基本的に重瞼ラインは瞼縁から6~7mmを切開します。しかしそれ以上(10mm以上)で切開されている症例が散見され、「作成した重瞼ラインが上すぎるので下げて欲しい」と他院修正を依頼されることがあります。このような場合、新たに重瞼ラインを下(6〜7mm)にして引き込みを作っても、もともと切開されていた上のライン(瘢痕)が勝ってしまうことがあります。そのため皮膚に余裕があれば、上の重瞼ラインまで皮膚を切除するデザインにします。
また、最初の手術でたくさん切除されている場合は、さらなる皮膚切除ができないため上のライン(瘢痕)を丁寧に剥離・解除し、眼窩脂肪弁などを利用して上方への引き込みを予防します。
ただし開瞼時に下の重瞼ラインに落ち着いても、閉瞼時の重瞼ラインは上と下の2箇所にできてしまいます。

眉下切開が適応になる場合

皮膚が分厚い場合、重瞼予定ラインで切開すると皮膚が被さってきれいなカーブができず、台形のような形に見えることがあります。これを防ぐため分厚い皮膚をたくさん取ろうとすると、さらにひどい状態になるでしょう。
もともと瞼縁から眉毛にかけては皮膚の厚さが増していく部分です。その一部を切除してしまうと、薄い皮膚と厚い皮膚を縫合することになり、結果としてまぶたが重たく見える仕上がりになってしまうのです。
このようなケースでは最初から眉下切開が適応になります。
ただし眼瞼下垂がある場合は先にまぶたを切開し、その後眉下切開を行うことになります。

リスク・副作用・合併症

■二重まぶた全切開法

内出血、腫脹、左右差、浅い重瞼線、固定糸が外れラインが薄くなる、深い重瞼線、 不整な重瞼線(予定外重瞼線)、不整な瞼縁(アーチ)、開瞼抵抗、 目の開きが悪い、目が開きすぎる、角膜炎、ドライアイ、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、 中縫いの糸が出てくることがある、縫合糸膿瘍、 眼瞼痙攣、抑うつ・不眠など自立神経症状、頭痛、目の奥の痛み、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

■二重まぶた挙筋腱膜固定術:黒目拡大

内出血、腫脹、左右差、後戻り、浅い重瞼線、固定糸が外れラインが薄くなる、深い重瞼線、 不整な重瞼線(予定外重瞼線)、不整な瞼縁(アーチ)、開瞼抵抗、低矯正(目の開きが悪い)、過矯正(目が開きすぎる)、角膜炎、ドライアイ、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が残る可能性がある)、中縫いの糸が出てくることがある、縫合糸膿瘍、眼瞼痙攣、 抑うつ・不眠など自立神経症状、頭痛、目の奥の痛み、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

関連ブログ

関連施術