ページ
先頭へ

二重まぶた(全切開)

施術前 施術後

Before

3カ月後

治療内容

他院で全切開法を行った症例の修正

以前に他院で切開式重瞼術を行われた症例です。睫毛縁と眉毛が近く、奥二重の状態となっていました。前回の術後に切開線より眉毛側の皮膚が下がり、重瞼ラインが下がって見えていると推測されます。当院ではもとの切開線を最下端に設定し、皮膚をする切開式重瞼術を行いました。若干の左右差はありますが、重瞼ライン、黒目(角膜)がよく見えています。閉眼時の傷はほとんど目立ちません。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

料金

二重まぶた(全切開) 両側 ¥270,000
二重まぶた(全切開)挙筋腱膜固定術:黒目拡大 両側 ¥300,000

二重まぶた切開法の概要

全切開はまぶたを切開するわけですから、切開したところは傷になります。その傷が重瞼ラインになります。埋没法(挙筋法)のように糸が緩む心配や、糸が切れて元に戻ることはありませんが、一度切開すると埋没法(挙筋法)のように簡単に戻すことはできません。切開は安易に考えず、よく検討して下さい。

※埋没法(挙筋法)は2mmの穴を2箇所開けるだけですが、全切開は3cmを1箇所切開します。

埋没法と切開法の手術適応の見極め

埋没法と切開法の手術適応見極めイラスト

当院では原則、埋没法(挙筋法)を二重まぶた施術の第一選択としています。しかし、上まぶたの皮膚が分厚い、あるいはルーフや眼窩脂肪が原因で、埋没法を行っても重瞼ラインをつくることが難しいと推測される場合、また、過去に何度か埋没法を行ったが、緩んだ・外れたなどの場合は、切開法(部分もしくは全切開)を選択します。
埋没法を第一選択にしている理由は、切開後、もし満足いかなかった時に、もとに戻すことが困難だからです。最近は「埋没だけだと取れやすいから」、「目の上が腫れぼったいから糸は無理だろう」などの理由から、自己判断で安易に切開し、後悔する方がとても増えています。決して自己判断で安易に切開してはいけません。修正は難しくなるからです。
また、切開法による重瞼ラインの仕上がりは、埋没法と比べ、設定したラインよりも若干数ミリ高くなります。
これは切開した皮膚の睫毛側真皮と挙筋腱膜と縫合する際に、自然な二重よりも少し皮下にくい込みができるためです。予防として少し低めに切開線を設定することで、解消しています。
よく今まで埋没法の施術歴がある方が「埋没法と同じラインで切開して下さい」と言われますが、それは難しく、埋没法でできた重瞼ラインよりも下を切開する必要があります。必ず同じラインになるわけではありません。というのも切開してできた重瞼ラインは、術前のデザインよりも若干上にできます。これは切開した皮膚を縫合する前に、糸を挙筋腱膜にかけて睫毛側真皮と縫合し、瘢痕性に癒着するために、埋没法のように“糸による余裕”ができるわけではなく、少しくい込むために瞼ラインは上になってしまうのです。

方法・手順

手術は局所麻酔で行います。重瞼ラインを設定(瞼縁から7~8mmの高さの位置)し切開を加えます。全切開は3cmを1箇所切開します。切開部からまず眼輪筋を一部切除し、挙筋腱膜を露出します。睫毛側真皮と挙筋腱膜を縫合し、皮膚同士を縫合します。抜糸は5日目でおこないます。

注意事項

目の手術の後に気をつけることは血液循環がよくなること(入浴・飲酒・激しい運動など)は 2~3日は避けて下さい。コンタクトレンズの使用ですが、術後最低2週間避けて下さい(ハードコンタクトレンズの長期使用は眼瞼下垂の原因になる可能性があるのですすめません)。術後のお化粧は3週間は控えてください。擦るなどの刺激により傷跡が汚くなってしまうのを避けるためです。

二重まぶた切開法のメリット、デメリット

切開による重瞼術は埋没法のように、糸が緩んだり、外れたりすることがありません。しかし、切開してできた重瞼ラインが気に入らない時は、元にもどせないデメリットもあります。

○ メリット × デメリット

・ハッキリした重瞼ラインの作成が可能

・重瞼ラインが緩むことはない

・切開してできた重瞼ラインは傷なので白くなる場合や赤くなる場合があり、閉眼時に目立つことがある

・埋没法のように元に戻せない

・ダウンタイムが長いので、不安な気持ちになることがある

ドクターメモ

切開した重瞼ラインはデザイン線より上になる

切開してできた重瞼ラインは、術前のデザインよりも数ミリ上にできます。これは切開した皮膚を縫合する時に、糸を挙筋腱膜にかけて重瞼ラインを作成するのですが、この糸は5日目に抜糸します。しかし皮膚の断端は挙筋腱膜と瘢痕性に癒着するため、埋没法のように“糸の余裕”ができるわけではなく、くい込むことで重瞼ラインは上になってしまうのです。
よく今まで埋没法の施術歴がある方が、「埋没法と同じラインで切開して下さい」と言われますが、それは難しく、埋没法でできた重瞼ラインよりも下を切開する必要があります。必ず同じラインになるわけではありません。

切開法の修正では、今のラインより上に作ることはできても、下に作ることは困難

よく「今の切開線が上すぎるので、下に下げて欲しい」という依頼がありますが、一度できた切開線を上に作り直すことはできますが、下につくることは非常に難しいです。解剖学的に目を開けたときに上のラインが、下のラインに勝ってしまうからです。重瞼ラインは流行があり、幅広で切開を希望される場合は、修正が難しいことをご理解下さい。

リスク・副作用・合併症

内出血、腫脹、左右差、後戻り、浅い重瞼線、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、目が開きすぎる、角膜炎、ドライアイ、目の開きが悪い(開瞼抵抗)、瘢痕形成(傷跡が残る可能性があります)、医原性眼瞼下垂、眼瞼痙攣、抑うつ・不眠など自立神経症状、頭痛、目の奥の痛み、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

関連ブログ

関連施術