ページ
先頭へ

症例写真一覧:鼻尖形成(鼻尖縮小術/耳介軟骨移植)

当院で鼻尖形成(鼻尖縮小術/耳介軟骨移植)をおこなった症例の一覧です。

▼ 皮膚が厚い症例

皮膚が分厚く硬い、皮脂が多いなどの症例は変化が出しにくく非常に難しくなります。

▼ 異物除去後の鼻の再建

他院にて異物を挿入された鼻の異物除去。異物除去後の鼻の再建。

施術名鼻尖形成術;鼻尖縮小術

Before

After (3週間後)

~ この症例の経過 ~

手術中

施術中

施術中: 軟骨の引き締め

Before

3週間後

Before

3週間後

院長の症例解説

術前解説

正面からみて鼻尖と両鼻翼(小鼻)の比率が、右鼻翼:鼻尖:左鼻翼=約1:2:1で団子鼻を認めます。また鼻孔縁のMのピークが外側に向いています。
下からみると、鼻尖と鼻翼の境界が不明瞭で、鼻孔が外側を向いています。
「団子鼻を改善したい」という相談でした。

手術解説

局所麻酔下で鼻尖形成術(鼻尖縮小術)をオープン法で行いました。
鼻翼軟骨膜上の脂肪を含む皮下組織を一部除去しました。外側鼻軟骨と鼻翼軟骨間の支持組織を外し可動しやすくし、V-Y advancementの要領で両鼻翼軟骨のスーチャーリングを行い、頭側回転をかけ若干アップノーズ気味にしました。

術後解説

術後約3週間の状態では、正面から見て鼻尖と両鼻翼(小鼻)の比率が約1:1:1となり団子鼻が改善しています。鼻孔縁のMのピークが内側に向き、これは下からみると外側に向いていた鼻孔が内側を向きました。また鼻尖と鼻翼の境界が明瞭になりました。オープン法の鼻柱部の傷はまだ赤いですが今後経過を追って掲載していきます。

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小:オープン法)

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;鼻尖縮小術/1年後に鼻尖形成術;耳介軟骨移植

施術前正面 2カ月後

Before

After (2年1カ月後)

~ この症例の経過 ~

1年後 2年1カ月後

Before

1年後(耳介軟骨移植前)

2年1カ月後
(耳介軟骨移植後1年1カ月)

施術前 1年後 2年1カ月後

Before

1年後(耳介軟骨移植前)

2年1カ月後
(耳介軟骨移植後1年1カ月)

施術前 1年後 2年1カ月後

Before

1年後(耳介軟骨移植前)

2年1カ月後
(耳介軟骨移植後1年1カ月)

施術前 1年後 2年1カ月後

Before

1年後(耳介軟骨移植前)

2年1カ月後
(耳介軟骨移植後1年1カ月)

院長の症例解説

術前解説

正面からは軽度の団子鼻であることがわかり、鼻孔がよく見える状態です。側面から見ると短鼻ではありませんが、アップノーズです。下から見ると鼻尖が低く、両鼻翼との境界が不明瞭です。「鼻先を少し下げて鼻の穴を見えにくくして欲しい、小鼻縮小をしたい」という相談でした。

手術解説

自家組織移植は避けたいということ、また鼻尖縮小を行うことで鼻翼(小鼻)幅は気にならなくなると考え、局所麻酔下で鼻尖縮小術をオープン法で行いました。
鼻翼軟骨膜上の脂肪を含む皮下組織を一部除去しました。外側鼻軟骨と鼻翼軟骨間の支持組織を外し可動しやすくしました。Y-V advancementの要領で両鼻翼軟骨のスーチャーリングを行い、尾側回転をかけ鼻尖部を下げアップノーズを修正しました。

術後解説

しかし、鼻尖をもう少し下げたいという希望もあり、術後1年経過し耳介軟骨移植を追加しました。手術は耳介軟骨を採取しストラット(支柱)用とピラミッド型(3段重ね約4mm)に細工し鼻尖部に移植しました。特にピラミッド型に加工した耳介軟骨は、前下方(下方優位)になるように移植しています。
術後2年1カ月後の状態では、耳介軟骨を移植したことで更に鼻孔は目立たなくなり、鼻尖だけでなく鼻柱も少し下がり形態がより良くなりアップノーズも改善されました。2回手術を行っていますが、オープン法の鼻柱部の傷は目立ちません。

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小:オープン法)

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;鼻尖縮小術

3年10カ月後

Before

After (3年10カ月後)

~ この症例の経過 ~

3年10カ月後

Before

3年10カ月後

施術前 3年10カ月後

Before

3年10カ月後

施術前 3年10カ月後

Before

3年10カ月後

施術前 3年10カ月後

Before

3年10カ月後

院長の症例解説

術前解説

正面からみて鼻孔が横に広がっています。そのため鼻孔がよく見えています。またACR : alar-columellar relationshipsが上に凸の三角形(鼻柱部分が鼻翼のつけねに比べ頭側変位内側に入り込んでいる状態)でした。斜位、側面からみるとアップノーズの状態です。
下からみると、鼻尖と鼻翼の境界が不明瞭で、鼻孔が大きな印象です。 「アップノーズの改善と鼻孔を見えにくくしたい」という相談でした。

手術解説

局所麻酔下で鼻尖形成術(鼻尖縮小術)をオープン法で行いました。
鼻翼軟骨膜上の脂肪を含む皮下組織を一部除去しました。外側鼻軟骨と鼻翼軟骨間の支持組織を外し可動しやすくし、Y-V advancementの要領で両鼻翼軟骨のスーチャーリングを行い、尾側回転をかけ鼻尖部を下げアップノーズを修正しました。

術後解説

術後3年10カ月の状態では、正面から見て鼻孔縁のエッジは少し気になりますが、鼻孔が狭くなりACRも下に凸の三角形になりバランスがよくなりました。斜位・側面からみると鼻尖部の尾側回転によりアップノーズが改善しています(黒子の位置が変化したことでよくわかります)。下からみると鼻孔が狭くなり綺麗な洋梨状になりました。また鼻尖と鼻翼の境界が明瞭になりました。オープン法の鼻柱部の傷は目立ちません。

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小:オープン法)

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;鼻尖縮小術

施術前 1カ月後

Before

After (1カ月後)

~ この症例の経過 ~

施術前 1カ月後

Before

1カ月後

施術前 1カ月後

Before

1カ月後

施術前 1カ月後

Before

1カ月後

施術前 1カ月後

Before

1カ月後

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小:オープン法)

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;鼻尖縮小術

施術前 1カ月後

Before

After (1カ月後)

~ この症例の経過 ~

施術前 1カ月後

Before

1カ月後

施術前 1カ月後

Before

1カ月後

施術前 1カ月後

Before

1カ月後

施術前 1カ月後

Before

1カ月後

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小:オープン法)

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;耳介軟骨移植術

施術前側面 術後1年1カ月側面

Before

After (1年1カ月後)

~ この症例の経過 ~

施術前

施術前

Before

耳介軟骨挿入直後

施術前正面

術後1カ月正面

術後4カ月正面

術後1年1カ月正面

Before

1カ月後

4カ月後

1年1カ月後

施術前斜め

施術前斜め

術後4カ月斜め

術後1年1カ月斜め

Before

1カ月後

4カ月後

1年1カ月後

施術前側面

術後1カ月側面

術後4カ月側面

術後1年1カ月側面

Before

1カ月後

4カ月後

1年1カ月後

施術前下から

術後1カ月下から

術後4カ月下から

術後1年1カ月下から

Before

1カ月後

4カ月後

1年1カ月後

オープン法で行った場合の傷の経過

Before

1週間後

1カ月後

4カ月後

1年1カ月後

院長の症例解説

術前解説

団子鼻と鼻先が低い症例です。術前は団子鼻の影響で、鼻筋が鼻尖部まで通っていません。手術はオープン法により鼻尖を縮小し、耳介軟骨を移植しました。

術後解説

術後1年1カ月経過し、鼻根部から鼻尖部にかけて鼻筋が通りました。術前は鼻尖部が丸く少し下がり気味でしたが、術後1年1カ月経過し、鼻尖部は少しあがりました。術前は団子鼻の影響で小鼻(鼻翼)と鼻尖部の境界が不明瞭でしたが、術後1年1カ月経過し、境界は明瞭となり鼻柱の傷も目立たなくなりました。
オープン法の場合は鼻柱部分は通常目立たなくなります。個人差により、鼻柱部分の両端に少しくびれが生じる、傷の部分が赤く肥厚する、鼻の中が赤く肥厚する場合もあります。
傷の縫合の仕方やその他の部位の傷跡も参照に>>>こちら

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術):オープン法

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;耳介軟骨移植術

施術前 11カ月後

Before

After (11カ月後)

~ この症例の経過 ~

施術前 11カ月後

Before

11カ月後

施術前 11カ月後

Before

11カ月後

施術前 11カ月後

Before

11カ月後

施術前 1年7カ月後

Before

11カ月後

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術):オープン法

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;耳介軟骨移植術+鼻尖縮小術

施術前 7カ月後

Before

After (7カ月後)

~ この症例の経過 ~

施術前 7カ月後

Before

7カ月後

施術前 7カ月後

Before

7カ月後

施術前 7カ月後

Before

7カ月後

施術前 7カ月後

Before

7カ月後

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術):オープン法

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;耳介軟骨移植術+鼻尖縮小術

施術前 7カ月後

Before

After (7カ月後)

~ この症例の経過 ~

施術前 7カ月後

Before

7カ月後

施術前 7カ月後

Before

7カ月後

施術前 7カ月後

Before

7カ月後

施術前 7カ月後

Before

7カ月後

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術):オープン法

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;耳介軟骨移植術+鼻尖縮小術

施術前 1カ月後

Before

After (1カ月後)

~ この症例の経過 ~

施術前 1カ月後

Before

1カ月後

施術前 1カ月後

Before

1カ月後

施術前 1カ月後

Before

1カ月後

施術前 1カ月後

Before

1カ月後

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術):オープン法

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;耳介軟骨移植術+鼻尖縮小術

施術前 2カ月後

Before

After (2カ月後)

~ この症例の経過 ~

施術前 2カ月後

Before

2カ月後

施術前 2カ月後

Before

2カ月後

施術前 2カ月後

Before

2カ月後

施術前 2カ月後

Before

2カ月後

症例解説

鼻尖は縮小し下に下げています。

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術):オープン法

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;脚間移植(鼻柱下降)+耳介軟骨移植術

施術前 6カ月後

Before

After (6カ月後)

~ この症例の経過 ~

施術前 6カ月後

Before

6カ月後

施術前 6カ月後

Before

6カ月後

施術前 6カ月後

Before

6カ月後

施術前 6カ月後

Before

6カ月後

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(耳介軟骨移植術):オープン法

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;耳介軟骨移植術+ハンプ(hump)除去・わし鼻修正

10カ月後横向き

Before

After (10カ月後)

~ この症例の経過 ~

5カ月後横向き 10カ月後横向き

Before

5カ月後

10カ月後

施術前 5カ月後下から 10カ月後下から

Before

5カ月後

10カ月後

施術前 5カ月後 10カ月後斜め向き

Before

5カ月後

10カ月後

症例解説

hump(ハンプ)と鼻尖部の陥凹を認めた症例です。humpがあるために、鼻尖が下がったように見えています。また鼻尖部先端に陥凹があり、鼻翼軟骨内側脚が離開していると考えられます。手術はオープン法によりhump除去、鼻尖形成(耳介軟骨移植)を施行しました。humpはなくなり鼻尖部の陥凹も改善されています。

◆リスク・副作用・合併症

ハンプ除去・わし鼻修正+耳介軟骨移植

内出血、腫脹、感染、形態異常(凹凸など)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。またオープン法で行った場合は、傷が開く、糸が出てくる(埋没縫合した糸がでてくることがある)、縫合糸膿瘍、傷の肥厚・陥凹、瘢痕形成(傷跡が残る可能性があります)。軟骨採取部は耳介後面の傷、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;鼻尖縮小術+ ハンプ除去・わし鼻修正

2年後

Before

After (2年2カ月後)

~ この症例の経過 ~

1年後 2年後

Before

1年後

2年2カ月後

施術前 施術前 施術前

Before

1年後

2年2カ月後

施術前 1年後横向き 2年2カ月後

Before

1年後

2年2カ月後

施術前 施術前 2年2カ月後

Before

1年後

2年2カ月後

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小:オープン法)

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、鼻孔の変形・左右差、 鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

ハンプ除去・わし鼻修正

内出血、腫脹、鼻背部の凹凸による形態異常、鼻柱あるいは鼻根部を切開した場合は、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、 縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

▼ 皮膚が厚い症例

皮膚が分厚く硬い、皮脂が多いなどの症例は変化が出しにくく非常に難しくなります。

施術名鼻尖形成術;鼻尖縮小術+耳介軟骨移植による鼻中隔延長

施術前正面 6カ月半後

Before

After (6カ月半後)

~ この症例の経過 ~

施術前正面 2カ月後

Before

6カ月半後

施術前正面 6カ月半後

Before

6カ月半後

施術前正面 6カ月半後

Before

6カ月半後

施術前下から 6カ月半後

Before

6カ月半後

院長の症例解説

症例解説

正面からみると鼻孔が見えすぎています。斜位や側面からみると明らかに短鼻です。下からみると皮膚は厚く鼻孔が小さく見えます。また鼻尖と両鼻翼との境界が不明瞭です。
「鼻先を下げ鼻の穴を見えにくくして欲しい」という依頼でした。

手術解説

局所麻酔下で鼻尖形成術(鼻尖縮小術+耳介軟骨移植)をオープン法で行いました。
鼻翼軟骨膜上の脂肪を含む皮下組織を一部除去しました。外側鼻軟骨と鼻翼軟骨間の支持組織を外し可動しやすくし両鼻翼軟骨のスーチャーリングを行いました。耳介軟骨を採取しストラット(支柱)用とピラミッド型(4段重ね約5mm)に細工しました。ストラット用の耳介軟骨は鼻中隔軟骨とオーバーラップ(鼻中隔延長)させ鼻尖部に移植しました。 またピラミッド用の耳介軟骨は、前下方(下方優位)になるように移植しています。

術後解説

術後6カ月半後の状態では、正面からみると鼻尖の形態は細くなり、術前と比べ鼻孔も見えにくくなりました。斜位や側面からみると鼻尖が下がり短鼻が改善されています。下からみると鼻尖と両鼻翼のバランスがとれ高さもでています。オープン法の鼻柱部の傷は目立ちません。

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術):オープン法

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

鼻中隔延長術・鼻中隔延長修正術

内出血、腫脹、感染、鼻閉、鼻中隔穿孔、鼻先が硬く豚鼻ができなくなる、 アップノーズ・ダウンノーズ・高すぎるなど鼻尖の形態異常、鼻孔の変形・左右差、鼻中隔弯曲、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、修正術の場合は修正前より悪化する可能性がある、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

*耳介軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形など

*鼻中隔軟骨採取部は鼻中隔の強度が落ち、将来曲がる可能性がある、鼻閉など

*肋軟骨採取部は胸に傷跡が残る・目立つ、胸郭の変形、気胸、心タンポナーデなど

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;鼻尖縮小術+鼻翼(小鼻)縮小術

施術前 1年7カ月後

Before

11カ月後 (小鼻縮小後9カ月半経過)

~ この症例の経過 ~

1年7カ月後

Before

11カ月後 (小鼻縮小後9カ月半経過)

施術前 1年7カ月後

Before

11カ月後 (小鼻縮小後9カ月半経過)

施術前 1年7カ月後

Before

11カ月後 (小鼻縮小後9カ月半経過)

施術前 1年7カ月後

Before

11カ月後 (小鼻縮小後9カ月半経過)

症例解説

鼻尖縮小術をおこなった1カ月半後に小鼻縮小術をおこなった症例です。小鼻縮小術後、9カ月半が経過した状態です(Total:11カ月経過)。鼻の皮膚が分厚く硬い症例の場合、変化が出しにくく非常に難しくなります。

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小:オープン法)

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、鼻孔の変形・左右差、 鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

鼻翼(小鼻)縮小術;外側法

内出血、腫脹、鼻翼の可動制限、鼻翼・鼻孔・鼻孔底変形、 人中が長くなったようにみえることがある、口唇の動きが制限される可能性がある(笑った時の口の開きが不自然)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;耳介軟骨移植+鼻尖縮小術
+隆鼻術(I型プロテーゼとゴアテックスによるハイブリット)

施術前 1年11カ月後

Before

After (1年11カ月後)

~ この症例の経過 ~

1年11カ月後

Before

1年11カ月後

施術前 1年11カ月後

Before

1年11カ月後

施術前 1年11カ月後

Before

1年11カ月後

施術前 1年5カ月後

Before

1年11カ月後

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術)

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

プロテーゼによる隆鼻術

内出血、腫脹、凹凸、感染、太い鼻筋(アバター鼻)、鼻筋が曲がる、プロテーゼが動く、 位置異常、鼻孔の左右差、プロテーゼが飛び出す、目頭の距離が狭まる、 傷の哆開(しかい;傷が開く)、鼻腔内瘢痕形成(傷が肥厚し目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、テープかぶれ、ヒトアジュバント病、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

ゴアテックスによる隆鼻術

内出血、腫脹、凹凸、感染、太い鼻筋(アバター鼻)、鼻筋が曲がる、 ゴアテックスが動く・癒着する、位置異常、鼻孔の左右差、目頭の距離が狭まる、 傷の哆開(しかい;傷が開く)、鼻腔内瘢痕形成(傷が肥厚し目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、テープかぶれ、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;耳介軟骨移植術+他院修正

正面 2年8カ月後

Before

After(2年8カ月後)

~ この症例の経過 ~

正面 2年8カ月後

Before

2年8カ月後

斜め施術前 2年8カ月後

Before

2年8カ月後

横施術前 2年8カ月後

Before

2年8カ月後

施術前 2年8カ月後

Before

2年8カ月後

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術);オープン法

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;耳介軟骨移植術+鼻尖縮小術+隆鼻術(Ⅰ型プロテーゼ)

正面 4カ月半後

Before

After(4カ月半後)

~ この症例の経過 ~

正面 4カ月半後

Before

4カ月半後

斜め施術前 4カ月半後

Before

4カ月半後

施術前 4カ月半後

Before

4カ月半後

◆リスク・副作用・合併症

プロテーゼによる隆鼻術

内出血、腫脹、凹凸、感染、太い鼻筋(アバター鼻)、鼻筋が曲がる、プロテーゼが動く、 位置異常、鼻孔の左右差、プロテーゼが飛び出す、目頭の距離が狭まる、 傷の哆開(しかい;傷が開く)、鼻腔内瘢痕形成(傷が肥厚し目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、テープかぶれ、ヒトアジュバント病、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術);オープン法

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、 軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、 縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。 また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、 疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;耳介軟骨移植術+鼻尖縮小術+隆鼻術(Ⅰ型プロテーゼ)

正面 4カ月半後

Before

After(8カ月半後)

~ この症例の経過 ~

正面 4カ月半後

Before

8カ月半後

斜め施術前 4カ月半後

Before

8カ月半後

施術前 4カ月半後

Before

8カ月半後

◆リスク・副作用・合併症

プロテーゼによる隆鼻術

内出血、腫脹、凹凸、感染、太い鼻筋(アバター鼻)、鼻筋が曲がる、プロテーゼが動く、 位置異常、鼻孔の左右差、プロテーゼが飛び出す、目頭の距離が狭まる、 傷の哆開(しかい;傷が開く)、鼻腔内瘢痕形成(傷が肥厚し目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、テープかぶれ、ヒトアジュバント病、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術);オープン法

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、 軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、 縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。 また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、 疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;耳介軟骨移植術+鼻尖縮小術

正面 4カ月半後

Before

After(3年3カ月後)

~ この症例の経過 ~

正面 正面 4カ月半後

Before

1年1カ月半後

3年3カ月後

斜め施術前 斜め施術前 4カ月半後

Before

1年1カ月半後

3年3カ月後

斜め施術前 斜め施術前 4カ月半後

Before

1年1カ月半後

3年3カ月後

施術前 施術前 4カ月半後

Before

1年1カ月半後

3年3カ月後

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術);オープン法

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、 軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、 縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。 また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、 疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;耳介軟骨移植術+隆鼻術(I型プロテーゼとゴアテックスによるハイブリッド)

Before

After (1年8カ月後)
(耳介軟骨移植から1カ月後)

~ この症例の経過 ~

Before

1年8カ月後
(耳介軟骨移植から1カ月後)

Before

1年8カ月後
(耳介軟骨移植から1カ月後)

Before

1年8カ月後
(耳介軟骨移植から1カ月後)

Before

1年8カ月後
(耳介軟骨移植から1カ月後)

術前解説

I型プロテーゼとゴアテックスを組み合わせた隆鼻術を行った後、術後1年7カ月に耳介軟骨移植術による鼻尖形成術を行って1カ月が経過した症例です。隆鼻術により鼻筋が通り、鼻尖に耳介軟骨を移植したことで、特に横から見た鼻のラインが綺麗になりました。下から鼻尖を撮影した施術前写真は、輪郭がぼやけているのと角度が施術後の写真と少し異なるため、鼻の輪郭がわかりづらいかもしれません。施術後の下から撮影した写真では鼻尖の高さが出たことにより輪郭が綺麗に見えています。

◆リスク・副作用・合併症

プロテーゼによる隆鼻術

内出血、腫脹、凹凸、感染、太い鼻筋(アバター鼻)、鼻筋が曲がる、プロテーゼが動く、 位置異常、鼻孔の左右差、プロテーゼが飛び出す、目頭の距離が狭まる、 傷の哆開(しかい;傷が開く)、鼻腔内瘢痕形成(傷が肥厚し目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、テープかぶれ、ヒトアジュバント病、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

ゴアテックスによる隆鼻術

内出血、腫脹、凹凸、感染、太い鼻筋(アバター鼻)、鼻筋が曲がる、 ゴアテックスが動く・癒着する、位置異常、鼻孔の左右差、目頭の距離が狭まる、 傷の哆開(しかい;傷が開く)、鼻腔内瘢痕形成(傷が肥厚し目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、テープかぶれ、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

鼻尖形成(クローズ法)+耳介軟骨移植

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズなど鼻尖の形態異常、鼻孔の変形・左右差、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、鼻腔内瘢痕形成(傷が肥厚し目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

▼ 異物除去後の鼻の再建

他院にて異物を挿入された鼻の異物除去。異物除去後の鼻の再建。

施術名鼻尖形成術;耳介軟骨移植+鼻尖縮小術
+他院で挿入されたプロテーゼ抜去と異物(オステオポール)除去

施術前 1カ月後

Before

After(1カ月後)

~ この症例の経過 ~

鼻の中のオステオポール 取り出したオステオポール 耳介軟骨移植

オステオポールとプロテーゼ

取り出したオステオポールとプロテーゼ

耳介軟骨移植

正面 1カ月後

Before

1カ月後

斜め施術前 1カ月後

Before

1カ月後

斜め施術前 1カ月後

Before

1カ月後

施術前 1カ月後

Before

1カ月後

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術)

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

異物除去

内出血、腫脹、感染、壊死、除去部の陥凹・隆起などの形態異常、感覚鈍麻、神経麻痺、取り残し、再発、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、 真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、 ドッグイヤー(傷跡の両端が盛り上がる)、修正前より目立つ、 テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖再建(鼻尖修復、耳介軟骨移植)
+他院で鼻に異物(オステオポール)を挿入された症例の異物除去

施術前 7カ月半下

Before

After(7カ月半後)

~ この症例の経過 ~

オステオポール PCL糸 跡

オステオポール

取り出したオステオポール

耳介軟骨移植

正面 7カ月半

Before

7カ月半後

斜め施術前 7カ月半後

Before

7カ月半後

横施術前 7カ月半横

Before

7カ月半後

施術前 7カ月半下

Before

7カ月半後

院長の症例解説

術前解説

約1年前に他院で鼻尖形成、球体状のオステオポールを挿入された症例です。皮膚がやや厚く、かためです。正面からみると団子鼻を認めます。また若干鼻尖部が左に変位しています。さらに左右の鼻孔が外側にむかって尖っています。斜位や側面からみると比較的綺麗です。しかし、下からみると鼻尖が左に変位しと両鼻翼のバランスが悪く、団子鼻にみえます。オステオポールが左に変位していることが予想されます。本人の希望は横からみて不自然な尖りより先端に丸みを出したいということでした。

手術解説

手術は局所麻酔下にオープン法で行いました。まずオステオポールを同定しました。オステオポールは予想通り左に変位し(術中写真参照)、左の鼻翼軟骨も変形していました。周囲組織は瘢痕化していました。オステオポールを除去し、左右の鼻翼軟骨をそれぞれスーチャーリングし折れ目をかえ、同時に左鼻翼軟骨の修正も行いました。最後に補強のため耳介軟骨を採取し2枚に分け、鼻中隔軟骨を挟むように固定し鼻翼軟骨を補強しました。

術後解説

術後7カ月半の状態ですが、正面からみると団子鼻の改善、左の変位が矯正されました。また鼻孔の尖りが改善され丸みがでました。斜位、側面からみると本人の術前の希望どおり、鼻尖の丸みがでています。下からみると鼻尖と両鼻翼のバランスがとれ団子鼻が改善しました。

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術)

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

異物除去

内出血、腫脹、感染、壊死、除去部の陥凹・隆起などの形態異常、感覚鈍麻、神経麻痺、取り残し、再発、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、 真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、 ドッグイヤー(傷跡の両端が盛り上がる)、修正前より目立つ、 テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;耳介軟骨移植術+鼻尖縮小術
+隆鼻術(I型プロテーゼ)
+他院で鼻に異物(PCL糸)を挿入された症例の異物除去

正面 6カ月後

Before

After(6カ月後)

~ この症例の経過 ~

PCL PCL糸 跡

I型プロテーゼ

耳介軟骨移植

取り出したPCL糸

正面 6カ月後

Before

6カ月後

斜め施術前 1カ月半後

Before

1カ月半後

横施術前 1カ月半後

Before

1カ月半後

施術前 6カ月後

Before

6カ月後

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術);オープン法

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

プロテーゼによる隆鼻術

内出血、腫脹、凹凸、感染、太い鼻筋(アバター鼻)、鼻筋が曲がる、プロテーゼが動く、 位置異常、鼻孔の左右差、プロテーゼが飛び出す、目頭の距離が狭まる、 傷の哆開(しかい;傷が開く)、鼻腔内瘢痕形成(傷が肥厚し目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、テープかぶれ、ヒトアジュバント病、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

異物除去

内出血、腫脹、感染、壊死、除去部の陥凹・隆起などの形態異常、感覚鈍麻、神経麻痺、取り残し、再発、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、 真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、 ドッグイヤー(傷跡の両端が盛り上がる)、修正前より目立つ、 テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;耳介軟骨移植+鼻尖縮小術
+他院で鼻に異物(オステオポール)を挿入された症例の異物除去

施術前 2年後

Before

After(2年後)

~ この症例の経過 ~

鼻の中のオステオポール 取り出したオステオポール 耳介軟骨移植

オステオポール

取り出したオステオポール

耳介軟骨移植

正面 2年後

Before

2年後

斜め施術前 2年後

Before

2年後

施術前 2年後下

Before

2年後

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術)

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

異物除去

内出血、腫脹、感染、壊死、除去部の陥凹・隆起などの形態異常、感覚鈍麻、神経麻痺、取り残し、再発、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、 真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、 ドッグイヤー(傷跡の両端が盛り上がる)、修正前より目立つ、 テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻尖形成術;耳介軟骨移植+鼻尖縮小術
+他院で鼻に異物(オステオポール)を挿入された症例の異物除去

施術前 2カ月後

Before

After(2カ月後)

~ この症例の経過 ~

鼻の中のオステオポール 取り出したオステオポール 耳介軟骨移植

オステオポール

取り出したオステオポール

耳介軟骨移植

正面 2カ月後

Before

2カ月後

斜め施術前 2カ月後

Before

2カ月後

施術前 2カ月後

Before

2カ月後

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術)

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

異物除去

内出血、腫脹、感染、壊死、除去部の陥凹・隆起などの形態異常、感覚鈍麻、神経麻痺、取り残し、再発、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、 真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、 ドッグイヤー(傷跡の両端が盛り上がる)、修正前より目立つ、 テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

※症例写真は、参考画像であり効果や満足度には個人差がありますのでご了承ください。
※ヒルズ美容クリニックWEBサイト及び関連WEBサイトに掲載されている症例写真は、当院の患者様のご厚意により掲載許可を得ています。当サイトの写真・イラスト・文章等の無断転載・引用・使用を禁じます。