ページ
先頭へ

症例写真一覧:隆鼻術

当院で隆鼻術を受診された症例の一覧です。

▼ 皮膚が厚い症例

皮膚が分厚く硬い、皮脂が多いなどの症例は変化が出しにくく非常に難しくなります。

▼ 異物除去後の鼻の再建 他院にて異物を挿入された鼻の異物除去。異物除去後の鼻の再建。

■ヒアルロン酸注入による隆鼻

施術名隆鼻術(I型プロテーゼ)
+鼻尖形成術;耳介軟骨移植術+鼻尖縮小術

Before

After (2カ月後)

~ この症例の経過 ~

Before

2カ月後

Before

2カ月後

Before

2カ月後

Before

2カ月後

術前解説

I型プロテーゼによる隆鼻術を行いました。

◆リスク・副作用・合併症

プロテーゼによる隆鼻術

内出血、腫脹、凹凸、感染、太い鼻筋(アバター鼻)、鼻筋が曲がる、プロテーゼが動く、 位置異常、鼻孔の左右差、プロテーゼが飛び出す、目頭の距離が狭まる、 傷の哆開(しかい;傷が開く)、鼻腔内瘢痕形成(傷が肥厚し目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、テープかぶれ、ヒトアジュバント病、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術);オープン法

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、 軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、 縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。 また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、 疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名隆鼻術(I型プロテーゼとゴアテックスによるハイブリッド)
+鼻尖形成術;耳介軟骨移植術+鼻尖縮小術

Before

After (6カ月後)

~ この症例の経過 ~

Before

6カ月後

Before

6カ月後

Before

6カ月後

I型プロテーゼとゴアテックスによるハイブリッド

術前解説

I型プロテーゼとゴアテックスを組み合わせた隆鼻術をおこないました。

◆リスク・副作用・合併症

プロテーゼによる隆鼻術

内出血、腫脹、凹凸、感染、太い鼻筋(アバター鼻)、鼻筋が曲がる、プロテーゼが動く、 位置異常、鼻孔の左右差、プロテーゼが飛び出す、目頭の距離が狭まる、 傷の哆開(しかい;傷が開く)、鼻腔内瘢痕形成(傷が肥厚し目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、テープかぶれ、ヒトアジュバント病、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

ゴアテックスによる隆鼻術

内出血、腫脹、凹凸、感染、太い鼻筋(アバター鼻)、鼻筋が曲がる、 ゴアテックスが動く・癒着する、位置異常、鼻孔の左右差、目頭の距離が狭まる、 傷の哆開(しかい;傷が開く)、鼻腔内瘢痕形成(傷が肥厚し目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、テープかぶれ、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術);オープン法

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、 軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、 縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。 また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、 疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

▼ 皮膚が厚い症例

皮膚が分厚く硬い、皮脂が多いなどの症例は変化が出しにくく非常に難しくなります。

施術名隆鼻術(I型プロテーゼとゴアテックスによるハイブリッド)
+鼻尖形成術;耳介軟骨移植術

Before

After (1年8カ月後)
(耳介軟骨移植から1カ月後)

~ この症例の経過 ~

Before

1年8カ月後
(耳介軟骨移植から1カ月後)

Before

1年8カ月後
(耳介軟骨移植から1カ月後)

Before

1年8カ月後
(耳介軟骨移植から1カ月後)

Before

1年8カ月後
(耳介軟骨移植から1カ月後)

術前解説

I型プロテーゼとゴアテックスを組み合わせた隆鼻術を行った後、術後1年7カ月に耳介軟骨移植術による鼻尖形成術を行って1カ月が経過した症例です。隆鼻術により鼻筋が通り、鼻尖に耳介軟骨を移植したことで、特に横から見た鼻のラインが綺麗になりました。下から鼻尖を撮影した施術前写真は、輪郭がぼやけているのと角度が施術後の写真と少し異なるため、鼻の輪郭がわかりづらいかもしれません。施術後の下から撮影した写真では鼻尖の高さが出たことにより輪郭が綺麗に見えています。

◆リスク・副作用・合併症

プロテーゼによる隆鼻術

内出血、腫脹、凹凸、感染、太い鼻筋(アバター鼻)、鼻筋が曲がる、プロテーゼが動く、 位置異常、鼻孔の左右差、プロテーゼが飛び出す、目頭の距離が狭まる、 傷の哆開(しかい;傷が開く)、鼻腔内瘢痕形成(傷が肥厚し目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、テープかぶれ、ヒトアジュバント病、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

ゴアテックスによる隆鼻術

内出血、腫脹、凹凸、感染、太い鼻筋(アバター鼻)、鼻筋が曲がる、 ゴアテックスが動く・癒着する、位置異常、鼻孔の左右差、目頭の距離が狭まる、 傷の哆開(しかい;傷が開く)、鼻腔内瘢痕形成(傷が肥厚し目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、テープかぶれ、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

鼻尖形成(クローズ法)+耳介軟骨移植

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズなど鼻尖の形態異常、鼻孔の変形・左右差、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、鼻腔内瘢痕形成(傷が肥厚し目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名隆鼻術(I型プロテーゼとゴアテックスによるハイブリット)
+鼻尖形成術;耳介軟骨移術+鼻尖縮小術

施術前 1年11カ月後

Before

After (1年11カ月後)

~ この症例の経過 ~

1年11カ月後

Before

1年11カ月後

施術前 1年11カ月後

Before

1年11カ月後

施術前 1年11カ月後

Before

1年11カ月後

施術前 1年11カ月後

Before

1年11カ月後

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術)

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

プロテーゼによる隆鼻術

内出血、腫脹、凹凸、感染、太い鼻筋(アバター鼻)、鼻筋が曲がる、プロテーゼが動く、 位置異常、鼻孔の左右差、プロテーゼが飛び出す、目頭の距離が狭まる、 傷の哆開(しかい;傷が開く)、鼻腔内瘢痕形成(傷が肥厚し目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、テープかぶれ、ヒトアジュバント病、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

ゴアテックスによる隆鼻術

内出血、腫脹、凹凸、感染、太い鼻筋(アバター鼻)、鼻筋が曲がる、 ゴアテックスが動く・癒着する、位置異常、鼻孔の左右差、目頭の距離が狭まる、 傷の哆開(しかい;傷が開く)、鼻腔内瘢痕形成(傷が肥厚し目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、テープかぶれ、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名隆鼻術(Ⅰ型プロテーゼ)+鼻尖形成術;耳介軟骨移植術+鼻尖縮小術

正面 4カ月半後

Before

After(4カ月半後)

~ この症例の経過 ~

正面 4カ月半後

Before

4カ月半後

斜め施術前 4カ月半後

Before

4カ月半後

施術前 4カ月半後

Before

4カ月半後

◆リスク・副作用・合併症

プロテーゼによる隆鼻術

内出血、腫脹、凹凸、感染、太い鼻筋(アバター鼻)、鼻筋が曲がる、プロテーゼが動く、 位置異常、鼻孔の左右差、プロテーゼが飛び出す、目頭の距離が狭まる、 傷の哆開(しかい;傷が開く)、鼻腔内瘢痕形成(傷が肥厚し目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、テープかぶれ、ヒトアジュバント病、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術);オープン法

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、 軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、 縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。 また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、 疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名隆鼻術(Ⅰ型プロテーゼ)+鼻尖形成術;耳介軟骨移植術+鼻尖縮小術

正面 4カ月半後

Before

After(8カ月半後)

~ この症例の経過 ~

正面 4カ月半後

Before

8カ月半後

斜め施術前 4カ月半後

Before

8カ月半後

施術前 4カ月半後

Before

8カ月半後

◆リスク・副作用・合併症

プロテーゼによる隆鼻術

内出血、腫脹、凹凸、感染、太い鼻筋(アバター鼻)、鼻筋が曲がる、プロテーゼが動く、 位置異常、鼻孔の左右差、プロテーゼが飛び出す、目頭の距離が狭まる、 傷の哆開(しかい;傷が開く)、鼻腔内瘢痕形成(傷が肥厚し目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、テープかぶれ、ヒトアジュバント病、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術);オープン法

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、 軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、 縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。 また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、 疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

▼ 異物除去後の鼻の再建

他院にて異物を挿入された鼻の異物除去。異物除去後の鼻の再建。

施術隆鼻術(I型プロテーゼ)
+鼻尖形成術;耳介軟骨移植+鼻尖縮小術
+他院で鼻に異物(PCL糸)を挿入された症例の異物除去

正面 6カ月後

Before

After(6カ月後)

~ この症例の経過 ~

PCL PCL糸 跡

I型プロテーゼ

耳介軟骨移植

取り出したPCL糸

正面 6カ月後

Before

6カ月後

斜め施術前 1カ月半後

Before

1カ月半後

横施術前 1カ月半後

Before

1カ月半後

施術前 6カ月後

Before

6カ月後

◆リスク・副作用・合併症

鼻尖形成(鼻尖縮小+耳介軟骨移植術);オープン法

内出血、腫脹、感染、鼻尖が硬くなる、アップノーズ・ダウンノーズ・ ピンチノーズ・パロットノーズ・ポリービーク変形など鼻尖の形態異常、 鼻孔の変形・左右差、鼻尖と鼻翼の間の溝が強調される、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面に傷跡が残る、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

プロテーゼによる隆鼻術

内出血、腫脹、凹凸、感染、太い鼻筋(アバター鼻)、鼻筋が曲がる、プロテーゼが動く、 位置異常、鼻孔の左右差、プロテーゼが飛び出す、目頭の距離が狭まる、 傷の哆開(しかい;傷が開く)、鼻腔内瘢痕形成(傷が肥厚し目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、テープかぶれ、ヒトアジュバント病、 自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

異物除去

内出血、腫脹、感染、壊死、除去部の陥凹・隆起などの形態異常、感覚鈍麻、神経麻痺、取り残し、再発、傷の哆開(しかい;傷が開く)、 瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、 真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、 ドッグイヤー(傷跡の両端が盛り上がる)、修正前より目立つ、 テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻根部から鼻尖部までヒアルロン酸注入

施術前 施術後

Before

After (注入直後)

院長の症例解説

術後解説

鼻根部から鼻尖部まで注入したことで鼻筋がすっきりしました。

◆リスク・副作用・合併症

ヒアルロン酸注入による隆鼻

内出血、腫脹、凹凸、太い鼻筋(アバター鼻)、アレルギー、チンダル現象、塞栓による皮膚壊死・失明・脳梗塞、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

施術名鼻根部から鼻尖上部までヒアルロン酸注入

Before

After (注入直後)

院長の症例解説

術後解説

鼻根部から鼻尖部上部(鼻尖部に注入していません)まで注入したことで鼻筋がすっきりしました。

◆リスク・副作用・合併症

ヒアルロン酸注入による隆鼻

内出血、腫脹、凹凸、太い鼻筋(アバター鼻)、アレルギー、チンダル現象、塞栓による皮膚壊死・失明・脳梗塞、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

※症例写真は、参考画像であり効果や満足度には個人差がありますのでご了承ください。
※ヒルズ美容クリニックWEBサイト及び関連WEBサイトに掲載されている症例写真は、当院の患者様のご厚意により掲載許可を得ています。当サイトの写真・イラスト・文章等の無断転載・引用・使用を禁じます。