ページ
先頭へ

症例写真一覧:フェイスリフトSMAS法

症例名40代女性のフェイスリフト(SMAS法)

施術前 施術後 施術後

Before

After (1週間後)

After (2カ月半後)

症例解説

頬、フェイスライン、下アゴのたるみが目立ちます。フェイスリフト(SMAS法)によって、頬、フェイスライン、下アゴのたるみが改善し見た目年齢が5歳程度若返っています。

◆リスク・副作用・合併症

フェイスリフト

内出血、腫脹、左右差、感染、後戻り、頭痛、顔面神経麻痺、もみあげの後退、毛根の損傷、脱毛症、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、耳垂の感覚鈍磨、耳珠・耳垂の変形、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

症例名50代女性のフェイスリフト(SMAS法)
+他院修正(10年以上前に他院で糸によるリフト)

施術前 施術後1カ月半 施術後2カ月半

Before

After (1カ月半後)

After (2カ月半後)

症例解説

10年以上前に他院で糸リフトを受けた患者様です。当院でフェイスリフト(SMAS法)をおこないました。顔のたるみが引き上がり、シャープなフェイスラインになりました。

◆リスク・副作用・合併症

フェイスリフト

内出血、腫脹、左右差、感染、後戻り、頭痛、顔面神経麻痺、もみあげの後退、毛根の損傷、脱毛症、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、耳垂の感覚鈍磨、耳珠・耳垂の変形、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

症例名50代女性のフェイスリフト(SMAS法)

施術前 施術後 施術後

Before

After (直後)

After (1週間後)

症例解説

深いほうれい線、フェイスラインのたるみが目立ちます。フェイスリフト(SAMS法)によって、深いほうれい線、フェイスラインのたるみが改善し、ずいぶん若返りました。

◆リスク・副作用・合併症

フェイスリフト

内出血、腫脹、左右差、感染、後戻り、頭痛、顔面神経麻痺、もみあげの後退、毛根の損傷、脱毛症、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、耳垂の感覚鈍磨、耳珠・耳垂の変形、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

症例名60代女性のフェイスリフト(SMAS法)

施術前 施術後 施術後

Before

After (直後)

After (1カ月後)

症例解説

深いほうれい線、口もとのたるみ、フェイスラインのたるみが目立ちます。フェイスリフト(SAMS法)によって、深いほうれい線、口もとのたるみ、フェイスラインのたるみが改善しずいぶん若返りました。“しみの位置”が移動しているので、その引き上がり具合がよくわかります。

◆リスク・副作用・合併症

フェイスリフト

内出血、腫脹、左右差、感染、後戻り、頭痛、顔面神経麻痺、もみあげの後退、毛根の損傷、脱毛症、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、耳垂の感覚鈍磨、耳珠・耳垂の変形、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

症例名70代女性のフェイスリフト(SMAS法)

施術前 施術後 施術後

Before

After (直後)

After (1週間後)

症例解説

深いほうれい線、口もとのたるみ、マリオネットライン、フェイスラインのたるみ、首のたるみが目立ちます。フェイスリフト(SAMS法)によって、深いほうれい線、口もとのたるみ、マリオネットライン、フェイスラインのたるみ、首のたるみが改善し若返りました。

◆リスク・副作用・合併症

フェイスリフト

内出血、腫脹、左右差、感染、後戻り、頭痛、顔面神経麻痺、もみあげの後退、毛根の損傷、脱毛症、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、耳垂の感覚鈍磨、耳珠・耳垂の変形、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

※症例写真は、参考画像であり効果や満足度には個人差がありますのでご了承ください。
※ヒルズ美容クリニックWEBサイト及び関連WEBサイトに掲載されている症例写真は、当院の患者様のご厚意により掲載許可を得ています。当サイトの写真・イラスト・文章等の無断転載・引用・使用を禁じます。